1. ホーム
  2. 導入事例
  3. 株式会社いいもの王国様

導入事例 / 株式会社いいもの王国様

設計がカンタンなBSP製品を選択しました。
現場でも印刷イメージが分かりやすいと評判です。

株式会社いいもの王国は、新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・インターネットなどのマス媒体と、カタログ・ダイレクトメールなどの自社媒体、さらに直販ショップと多面的に連動してメディアミックスによる積極的な販売活動を行っている総合通販会社です。「感動品質の創造」を企業ポリシーに、様々な生活シーンにおいて安心・安全、健康・快適、楽しさや面白さなどを徹底追求した、クオリティの高い《商品》と《サービス》を提供しています。

今回は、通信販売に不可欠な送り状や請求書、明細書の設計や印刷ツールとして、BSPのDURL、FormHelperを選択していただいた経緯を、同社の特徴やサービス内容を交えながら、ご説明いただきました。

御社の特徴について教えてください。

株式会社いいもの王国
経営企画部
システムグループ
マネージャー
杉山 元英氏

通信販売の会社ですが、他の通信販売の会社と違うのは「感動品質を創造します」、という「いいもの王国」のスローガンです。イキイキとした毎日を豊かに演出する、“こだわりのオンリーワン通販”なのです。「いいもの王国」はお客様に喜んでいただける「いいもの」が満ちあふれた、わくわく・ドキドキする出会いの場です。

感動品質、具体的にはどんなことを心がけられていらしゃるのですか。

細かいことかも知れませんが、例えばお客様に見ていただくカタログやホームページの文章も出来るだけお客様に分かりやすいことを心がけていますので、社内のいろんな立場の人がチェック出来るようなシートを作成して、文章の表現ひとつにも気を遣っています。サービスでは、現在ヒット商品になっているフリーウオークですが、サイズがあうまで無償で交換するというようなことも行って、顧客満足度をあげています。

お客様とのコミュニケーションで心がけていらっしゃる点はありますか。

お客様の声は毎週出てきたものを各部署がすぐに反映するような体制になっています。例えば、私どもの部署で言えば、請求書などの字が小さいというようなお客様の声があがってくればフォントを大きくしたりして、すぐに対応します。カタログ、メールマガジン、インターネット、携帯電話などでお客様とコミュニケーションをしていますが、それらを使われない年配のお客様にもご利用いただけるようにと、新聞などの広告も数多く出しています。
(2005年度新聞広告出稿量(通期1月~12月)全国27位。ISO-9001(国際品質保証規格)ISO-14001(国際環境管理規格)認定取得しています。)

ズバリ最近の売れ筋、人気商品はなんですか。

ミズノフリーウォークio(アイオー)です。おかげさまで発売以来1年がたち、販売数が12万足を超えました。商品の詳しい説明はホームページをご覧いただくとして、これは歩く度に健康を支える理想的なウォーキング専用シューズなのです。つい最近ではテレビでのフリーウオークの30分番組も始まり詳しく紹介されるようになりました。ここでは取材班が街に出て、実際に履いて歩いて試してもらうというようなこともしています。

12万足というのは大変な数のように思えますが、どのような点が人気の要因なんですか。

まずは性能です。ウインブルドンで培ったミズノ社のミズノウエーブなどの数々の技術が、快適歩行を実現しています。それに加えて履き心地を高める素材と新設計。また一万円という価格の手ごろさ。おかげさまで二度三度と購入される方も多いようです。旦那様が買われて気に入られて奥様に勧める。また色違いが出ているので、自分のTPOに合わせて色違いを注文される方も多いのです、そのくらい気に入られています。ウオーキングブームもあって、現在は年配の購入者が多いのですが、実は私はサラリーマンに履いて欲しいと思っています。黒も出ていますので、通勤時に履いていてもおかしくありません。実は私も通勤時に履いて、毎日新宿から歩いて出勤しているのですが、とても履きやすいですよね。

現在弊社のBSP製品を使っていただいていますが、どんなところでご使用いただいているのでしょうか。

実は導入時には他社製も含めていろいろ検討しました。しかし最終的にDURLを導入した経緯は、フォームヘルパーでの帳票設計時に位置合わせが簡単なところです。それに加えて出来るだけ早く立ち上げたいというのがありまして、設計の簡単なところを選びました。帳票の設計がホストコンピュータでのイメージに近かったからです。熱心なサポートからの協力もあり(笑)、一から勉強して使用出来るようになりました。ですが、いったん分かるようになると、設計も簡単ですし、現場で印刷のイメージが分かりやすいので、導入して大変良かったと思っています。

最後にコンビニバーコード対応のEAN128はいかがですか。

今回は株式会社リコーのプリンタで早い段階に機種を決定していたので、リコーの協力のもとでショールームに何度も足を運び、プリンタの実機を使って、最新のDURLのEAN-128のモジュールを組み込んだパソコンを持参して、出力テストを連日遅くまで行ないました。相当な枚数を出力したんですよ(笑)。リコーでEAN-128の簡易読み取りテストを行ない一番読み取り状況の良い設定を探し出し、出力した結果をコンビニ各社様へ読み取り審査を依頼したところ、あっけないほど簡単に承認がおりた時にはびっくりしました。今回の案件でBSPプリズムとは、ユーザーと一緒になって作り上げていく感想を持ちました。サポート体制も充実していると思いました。

帳票例

会社概要

名称:株式会社いいもの王国
事業内容:教材、教具、美容、健康、家庭用品他、総合通信販売業
設立年月日:1962年12月26日

導入事例一覧へ戻る

関連事例

株式会社メイテツコム様

株式会社メイテツコム様

名鉄グループの印刷システムにBSP-RMとDURLを採用
スムーズなマイグレーションを経て、印刷システムの新たなスタンダードとして、グループ各社へ水平展開

株式会社ヴィンクス様

株式会社ヴィンクス様

レガシーマイグレーションならBSPの帳票基盤『BSP-RM』

エステー株式会社様

エステー株式会社様

基幹系システムをLinux+HP ProLiant DL380 でマイグレーション

まずはお気軽にお問い合わせください。

どのサービスが一番適しているの?課題がまだまとまっていない。。。 こういう事例はある? 見積もりだけでもいい?

  • 東京本社 03-5463-6381
  • 名古屋事業部 052-561-6808
  • 大阪事業部 06-6245-4595
  • 福岡事業部 092-437-3200

※受付時間:平日9:00~17:30

お問い合わせフォーム