1. ホーム
  2. 導入事例
  3. 日通情報システム株式会社様

導入事例 / 日通情報システム株式会社様

セキュリティインシデントをトリガーに、チームを越えた構成管理情報の情報共有を実現!

nis_logo

グローバルロジスティクスを支える日本通運とそのグループ企業のIT の中核を担っているのが日通情報システム株式会社(以下、日通情報システム)です。同社では2016 年からシステムにおける従来の縦割り運用から横串運用への転換をキーワードに構成管理システム導入プロジェクトを開始しましたが、その際に導入したのが「LMIS on cloud」でした。本プロジェクトを担当された同社インフラサービス部の2名の方に、プロジェクトの背景や「LMIS on cloud」導入後の効果について伺いました。

多角的な対応依頼にも迅速に対応できる、チームを越えた情報共有の仕組みが必要に

インフラサービス部 
課長 
中村 修 氏

日本通運グループにおいてアプリケーション、IT インフラ、ユーザサポートの3 本柱で、IT に関するサービスを展開している日通情報システムでは、近年のインフラサービス関連の業務拡大に伴い、運用業務の変化や運用業務間の情報連携の必要性が増大していました。立て続けに業務プロセスを統合してきたため、運用が統一されておらず。また業務上必要となる情報においてもExcel 帳票などで個別に管理されていたため、信頼性や可用性が欠如している状態となっていました。

「サービスごとの個別管理された“縦割り運用”から、サービス間で情報共有がなされた“横串の運用”へと変えなければならないと、以前から強く感じていた」と同社のインフラサービス部 中村氏は語ります。

「こうした“縦割り運用”を続けている中、セキュリティインシデントが発生した際、このインシデントに対し、DMZ 単位でのシステム名、ホスト名、IP アドレスの一覧やシステム構成、セキュリティ診断結果に関する情報提供を求められたのですが、緊急性があったにも関わらず、時間をかけても一部の情報しか提供できませんでした。また、求められる要望のたびに資料を再作成しなければなりませんでした」(中村氏)

「このセキュリティインシデント発生をきっかけに、従来の“縦割り運用”から、チームの垣根を越えて日頃より情報を共有する“横串の運用”に転換し、多角的な依頼や突発的な事態に対しても迅速対応で きる仕組みを構築するため、情報を共有するための構成管理システム導入プロジェクトが立ち上がりました。」(中村氏)

国産のITIL準拠ツールであり、 導入スピードの速さと低コストが決め手に

インフラサービス部
部長
市川 努 氏

サービスごとの運用プロセスを残しつつ、多角的な構成情報を管理・共有化された“横串の運用”を目指すために、中村氏が注目したのはITIL の活用でした。

「なぜ構成管理が必要かを社内に説明するときにバックボーンとなったのがITIL でした。ITIL の考え方を元に、現状の課題をどう改善すればよいか、一つ一つ紐解いていきました。」(中村氏)

ITIL 準拠の切り口で「LMIS on cloud」の存在を知ったのは2016 年7 月。そこから製品デモを通して課題解決のイメージをつかみ、役員に説明を行ったのが9 月上旬というスピード感で選定が進んだと中村氏は言います。

「国産でITIL 準拠であることの他に、本番稼働に速く取りかかれるスピード感とコストを重視しました。CMDB の管理製品とも比較検討しましたが、「LMIS on cloud」はスピーディーに導入でき、構築作業の費用感が他社と比較し3 分の1 程度であることが優位点でした。また、CMDB の管理製品は海外製品であり、かゆいところに手が届かないのに対し、「LMIS on cloud」には国産であったことの安心感もありました」と、中村氏は選定のポイントを説明します。

「経営層向けには可用性をアピールしましたが、実際の運用を行っている現場に対しては『情報連携のストレスがなくなる』という点を強調しました。従来のExcel 帳票での運用とほとんど変わらず、登録先が「LMIS on cloud」に変わるだけで、情報の横連携ができるようになり、信頼性も担保できるようになることを、現場には訴求しました」(中村氏)

しかし、いざ構築をスタートすると“名寄せ”の作業が壁となったと中村氏は言います。従来の運用では、ネットワーク関連だけでも25 種類のExcel 帳票が乱立し、データ項目も8000 以上に及んでいました。また、同じシステムでも人によって略称にしていたり、英語表記と日本語表記が混在していた状態でした。そこで、各担当にヒアリングを行い、最終的に求めるアウトプットから遡る形で項目をどうするかを擦り合わせすることになりましたが、この“名寄せ”に多くの時間を要することになりました。

チームごとの役割が明確になり、 情報でコミュニケーションが取れるように

構築作業を経て、構成管理の運用を開始したのは2017 年4 月のこと。中村氏は、「まず変更漏れがなくなりました。従来のExcel 帳票では、情報を上書きしていたので、変更の経緯はどのようなもので、いつ何を変えたかがわかりませんでしたが、変更情報のビフォーアフターが明確になりました」という点を効果として挙げています。また、「情報が横展開され可視化されたことで、各チームの役割が明確になり、情報でコミュニケーションが取れるようになりました」と言います。

「LMIS on cloud」では登録された構成情報の関連性を視覚的に俯瞰して確認することができ、ネットワークの経路やシステム構成を把握する際に役立てています。(図1を参照)

図1:LMIS on cloud での可視化イメージ

さらに、「予想外だった効果として、現場から機能改善の要望があがってくるようになりました。もともと『現場には「LMIS on cloud」に入力するだけでよい』という、いわば“一方通行”の運用を考えていましたが、入力した結果が他の管理情報と紐づいて見えるようになったことで、現場の担当者がチーム内で『こうした運用に変えたほうがいいのでは?』という点を話し合い、それが要望としてあがってくるようになりました」と中村氏は言います。

構成管理というとハードウェアに目が行きがちですが、日通情報システムではSSL 証明書やWAF などのライセンス管理にも「LMIS on cloud」を活用しているといいます。

今後は、グループ会社のユーザへの公開や構成管理のノウハウ展開を視野に

「STEP1では情報を入れる箱を作り、運用を変えましたが、STEP2では申請データとサーバのインベントリ情報を突き合わせて、構成情報の棚卸しを行い、情報の正確性を確保したいと考えています。また、その先のSTEP3として、ユーザへ「LMIS on cloud」への入力画面(セルフサービスポータル)を公開し、直接ユーザに入力してもらうことで、現場の負担を減らしたいと考えています」と、中村氏は今後のマイルストーンを説明します。

日通情報システムでは今後、構築した構成管理のノウハウを活かし、グループ会社やグループ外の企業への展開も視野に入れているとのことですので、ユニリタはこうした面からも日通情報システムをサポートしてまいります。

導入効果

  • 構成管理情報が一元管理/情報共有されるようになり、信頼性・可用性・機密性が向上
  • 他チームの情報も共有されるようになり、サービス利用者の利便性向上やサービス提供者のストレスを軽減

図2.LMIS on cloud 導入効果と適用範囲

会社概要

名称:日通情報システム株式会社
創業:2004年
事業内容:日本通運グループにおけるIT 関連サービスの展開、運用
ホームページ : https://www.nittsu-infosys.com/外部ウィンドウを開く

導入事例一覧へ戻る

関連サービス&プロダクト

ITILプロセスに基づいたサービスデスク | LMIS on cloud

ITILプロセスに基づいたサービスデスク | LMIS on cloud

ITサービスマネジメントツール「LMIS on cloud」は、クラウド上でインシデント管理や変更管理、構成管理を実現することができます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

どのサービスが一番適しているの?課題がまだまとまっていない。。。 こういう事例はある? 見積もりだけでもいい?

  • 東京本社 03-5463-6381
  • 名古屋事業所 052-561-6808

※受付時間:平日9:00~17:30

お問い合わせフォーム