1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 企業活動

企業活動

UNIRITAユーザ会

「UNIRITAユーザ会」

「UNIRITAユーザ会(旧名称:Beaconユーザ会)」は、昭和52年、株式会社ビーエスピーと株式会社ビーコン インフォメーション テクノロジー(平成27年4月、ビーエスピーと合併)がユーザ相互およびユーザとの情報交換、技術交流を目的に設立されました。
毎年3月、1年間のユーザ会活動の総括として、研究会活動発表、ユーザ各社の事例発表の場となる「ユーザシンポジウム」を開催しています。

平成27年4月に株式会社ビーエスピーと株式会社ビーコン インフォメーション テクノロジーが合併し、「株式会社ユニリタ」に商号変更しました。
これに伴い、平成28年4月1日をもって、Beaconユーザ会は名称を「UNIRITAユーザ会」に変更しました。

システム管理者の会

「システム管理者の会」

当社グループは、ITシステム管理に携わる全ての人を応援し、IT業界の活性化に資する活動として、平成18年より取り組んでいる「システム管理者感謝の日」の普及活動に加え、平成21年には、賛同企業とともに新たに「システム管理者の会」を発足、日本全国のシステム管理者を多方面から積極的に支援しています。
今般、「システム管理者の会」の活動を支える個人会員が10,000人を突破し、さらに賛同企業も110社を超えました。今後は賛同企業同士の積極的な連携によって、活動内容の質・量両面の充実に努めてまいります。

ACM国際大学対抗プログラミングコンテスト

コンテスト模様

「ACM国際大学対抗プログラミングコンテスト」は、大学生のプログラミング技術を競う世界規模の大会です。毎年、多くの学生が自慢の知識や技術を競い合うとともに、交流を深めています。
当社は、コンテストの協賛を通じて、世界にチャレンジする学生たちを応援してまいります。

ゴールドリボン運動支援

ゴールドリボン

「ゴールドリボン」は、小児がんの子どもたちを支える活動のための世界共通のシンボルマークです。
NPO法人ゴールドリボン・ネットワークは、小児がんの子どもたちが安心して、笑顔で生活できる社会の創に役立っていきたいという想いで平成20年6月に設立され、さまざまな活動を行っています。
当社では、この活動に賛同し、社内に「ゴールドリボン支援自動販売機」を設置しました。この自動販売機で商品を購入すると、その売り上げの一部がNPO法人ゴールドリボン・ネットワークに寄付され、小児がんの治療研究や、小児がんの子どもたちの生活の質向上のための研究、入院生活の環境向上の費用に充てられるというものです。
ゴールドリボン運動は、日本ではまだ歴史の浅い運動ですが、ユニリタはこの運動を通じて小児がんの子どもたちを支援してまいります。

まずはお気軽にお問い合わせください。

どのサービスが一番適しているの?課題がまだまとまっていない。。。 こういう事例はある? 見積もりだけでもいい?

  • 東京本社 03-5463-6381
  • 名古屋事業部 052-561-6808
  • 大阪事業部 06-6245-4595
  • 福岡事業部 092-437-3200

※受付時間:平日9:00~17:30

お問い合わせフォーム