1. ホーム
  2. 最新情報
  3. プレスリリース

プレスリリース

7月28日(金)は、「システム管理者感謝の日」!
~全国各地で活躍されているシステム管理者の皆さまに感謝~

プレスリリース

 株式会社ユニリタ(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 北野 裕行)が、運営を委託されている日本最大規模のシステム管理者のネットワーク「システム管理者の会」(以下、本会)は、「すべての企業がITを武器にする時代のエンジニア魂を応援します。」をスローガンに掲げ、ITシステムを支えるエンジニアの方々の支援活動に取り組んでおります。

 米国では2000年からシステム管理者の労をねぎらうための記念日とされている毎年7月の最終金曜日。日本では2006年にビーエスピーグループ(現:ユニリタグループ)が「システム管理者感謝の日」を広める活動を開始し、毎年7月の最終金曜日を「システム管理者感謝の日」として日本記念日協会に登録しております。そして、今年は7月28日(金)が本記念日にあたります。

 「システム管理者感謝の日」に先立ち、7月13日(木)には「『チャレンジするシステム管理者』 〜 AI、ロボット、そしてエンジニア魂 〜」をスローガンに、チャレンジをテーマにしたイベント「第11回システム管理者感謝の日イベント」を開催し、過去最多となる590名の方にご来場いただきました。

(開催報告ページURL:http://www.sysadmingroup.jp/kakikosyu2017/report.html)

 チャレンジというテーマにふさわしく、基調講演には、近年注目されているAI(人工知能)について、「人工知能と共生する社会におけるIT」と題し、株式会社エルブズ 油谷実紀氏にご登壇いただき、運用現場におけるAIとの向き合い方や活用の現実解についてご講演いただきました。その後、RPA(Robotic Process Automation)に関する技術セッションとしてRPAテクノロジーズ株式会社 大石純司氏より、RPAの自社導入に備えたポイントについてご講演いただき、現場でのチャレンジ事例のセッションとしては、パナソニックITS株式会社 黒田光洋氏から、ひとり情シスという経験からIT部門の省力運営と内製化への取り組みついてご講演いただきました。

 本会では、常に技術を学び続ける姿勢を持ち、プロのエンジニアとして企業のビジネスを牽引していく姿勢を『エンジニア魂』と呼び、エンジニア魂を持つエンジニアの皆さまを応援していくことを、活動方針としています。

 その方針のもと、本会ではエンジニア魂を持つエンジニアの方々が生き生きと働き、会社や社会に貢献できるような裾野の広い活動の場と、システム管理者を目指す若い方が憧れるようなポジションやキャリア形成を支援してまいります。

以 上