1. ホーム
  2. 最新情報
  3. プレスリリース

プレスリリース

BSPの帳票管理システム「BSP-RM」の機能を拡充
~マイクロソフトのSQL Server 2008 R2 / Internet Explorer 9に対応!~

プレスリリース

 株式会社ビーエスピー(東京都港区、代表取締役社長 竹藤浩樹、以下BSP)は、帳票管理システム「BSP-RM」(ビーエスピーアールエム)の対応環境として、マイクロソフト社のデータベースエンジン SQL Serverの最新バージョン「SQL Server 2008 R2」 および最新ブラウザ「Internet Explorer 9」の正式サポートを開始しました。

 「BSP-RM」は、既存システムと新規システムから出力する場合のプリンタ共有化、システム再構築のたびに発生する開発コストや変更コストの削減、一段と多様化する利用者ニーズへの追随など、帳票システム特有のさまざまな問題を解決する帳票管理システムです。
 また、あらゆる帳票データを統合的に管理し、どのような帳票が作成され、誰がいつ何を出力したのかを的確にトレースするなど、よりセキュアな帳票インフラの構築を実現します。

 今回の対応は、「BSP-RM」の最新バージョンVer1.6より適用となります。
 なお、現在、SQL Server2000、2005、2008の環境で「BSP-RM」をご利用中のお客様が、最新Ver1.6にバージョンアップされた場合でも継続してご利用いただけます。

 「BSP-RM」は、当社が長年培ってきたユニークな技術力や運用ノウハウをベースにした機能および品質等が評価され、業種横断的に幅広いお客様で導入、活用されています。

以上

■「BSP-RM」の詳細についてはHPをご参照ください。
http://www.unirita.co.jp/products/rm/index.html