1. ホーム
  2. 最新情報
  3. プレスリリース

プレスリリース

A-AUTOのBSP、クラウド事業推進に向けてIIJと協業
~IIJ GIOクラウドでVDC(仮想データセンター)事業を推進~

プレスリリース

 ITシステム運用系パッケージ・ソフトウェアを開発・販売する株式会社ビーエスピー(本社:東京都港区、代表取締役社長 竹藤 浩樹、以下BSP)は、クラウド事業推進に向けて、株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木幸一、コード番号:3774 東証第一部、以下IIJ)とパートナー契約を締結しました。

 BSPでは、オープンソースソフトウェアの統合監視ソフトウェア「Zabbix」によるサーバ監視サービスの提供を開始しておりますが、今回の協業により、さらにIIJのクラウドサービス「IIJ GIO 仮想化プラットフォーム VWシリーズ」を利用したVDC(仮想データセンター)サービスを展開します。同シリーズは、従来のクラウドサービスに比べ、仮想基盤上のOSやアプリケーションの設計、構築の自由度が高く、業務環境や要件に合わせたシステム構築が可能です。これにより、基幹システムの運用にも十分耐えられる可用性の高いプラットフォームに、BSPのジョブ管理、帳票管理、ITサービス管理などのシステム運用基盤が加わった付加価値の高いクラウドサービスの提供が可能となります。

 また、プライベートクラウドの構築実績の豊富なIIJとの協業により、お客様の社内システム(オンプレミス)とIIJ GIOクラウド上のシステムの両面に対する統合運用管理が可能となります。今後は、オンプレミスとクラウドを併用したハイブリッドなクラウド管理の要件にも柔軟に対応したサービスメニューを随時提供してまいります。

株式会社インターネットイニシアティブロゴ

<株式会社インターネットイニシアティブからのエンドースメント>

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、株式会社ビーエスピーの「IIJ GIO 仮想化プラットフォーム VWシリーズ」を利用したVDC(仮想データセンター)サービス提供開始を歓迎いたします。当社のクラウドサービスIIJ GIOは、“持たないプライベートクラウド”を実現するエンタープライズシステムのITインフラとして大きな期待を寄せられています。株式会社ビーエスピーがもつ基幹業務システム運用分野での豊富な経験、ノウハウがIIJ GIOクラウド基盤上で展開されることにより、今後さらに、お客様の基幹業務システムのクラウド適用が加速されるものと確信しております。

株式会社インターネットイニシアティブ 執行役員 マーケティング本部長 松本光吉

以上