1. ホーム
  2. 最新情報
  3. プレスリリース

プレスリリース

Beaconユーザ会
中国上海で「第9回 上海ITフォーラム(情報交換会)」を開催
~テーマは「中国におけるソーシャルメディアの活用方法」~

プレスリリース

 株式会社ビーエスピー(東京都港区、代表取締役社長 竹藤浩樹、以下BSP)が委託を受け、運営を代行している「Beaconユーザ会」は、2012年9月7日(金)、中国上海において「第9回 上海ITフォーラム」を開催しました。

 めまぐるしく情報が飛び交う昨今、とりわけ新鮮な情報を発信・収集できると注目を集めているのが、ソーシャルメディアです。日本ではTwitterやFacebookが広く利用されていますが、中国においては中国版Twitterと呼ばれる「微博(ウェイボー)」が圧倒的なシェアを占めています。

 この点に着目し、今回の「上海ITフォーラム」では、中国国内におけるソーシャルメディアの活用方法に関する講演や事例紹介を行いました。

 当日は、さまざまな業種の現地企業や日系企業56社63名の方にお越しいただき、参加者の皆さまから積極的なご質問を頂戴したほか、参加者同士でも活発な意見交換が行われるなど、盛況のうちに終了しました。Beaconユーザ会では、今後も業種の枠を超えた貴重な情報交換の場として、現地コミュニティの1つとなり、会員の皆さまのお役に立てる活動を目指してまいります。

 ■ご参考:Beaconユーザ会

 1977年、ユーザ相互ならびにユーザとBSPおよび株式会社ビーコンインフォメーションテクノロジー(東京都新宿区、代表取締役社長 新藤匡浩)が、情報交換や技術交流を図ることを目的に設立しました。

 ■当日の会場の様子

以上