1. ホーム
  2. 最新情報
  3. プレスリリース

プレスリリース

「サーバ監視」「ログ管理」などの機能を拡充し、
ジョブ管理ツール「A-AUTO(エーオート)」の新バージョンVer8.0をリリース決定!
~ システム運用におけるBPOサービスも提供開始 ~

プレスリリース

 ITシステム運用系パッケージ・ソフトウェアを開発・販売する株式会社ビーエスピー(本社:東京都港区、代表取締役社長 竹藤 浩樹、以下BSP)は、2013年度に主力製品であるジョブ管理ツール「A-AUTO(エーオート)」の新バージョンとなるVer8.0をリリースします。

 「A-AUTO」 Ver8.0は、プライベートクラウド環境での基幹システム運用の本格化や、仮想化環境下でのシステム運用管理ニーズへ応えるために、「ログ管理」機能と「サーバ監視」機能を統合し、運用管理機能の大幅な拡充を図ります。業界トップクラスのジョブ管理ツールとしての機能性は継承しつつ、当社独自の「ライセンス交換サービス」、「無償バージョンアップ」、「旧バージョンの継続サポート」など、他社には無い利用者視点のサービスと相まって、お客様の基幹システムのさらなる自動化と安定稼働、そしてコスト削減の実現を支援します。

 また、BSPの新しいクラウドサービスとして展開中のBSP VDC(仮想データセンター)サービス http://www.unirita.co.jp/products/vdc/index.htmlにおいても、マネージドサービスとして提供いたします。クラウドならではの自由度の高いプラットフォームとサーバ監視、ジョブ管理、ITサービスマネジメントなどの運用管理の各種製品・サービスを組み合わせ、お客様の要件に合った運用管理の仕組みをクラウド環境で構築することができます。

 さらに、ジョブ管理運用の安定稼働に不可欠な「サーバ監視」や「ジョブ進捗監視」などの運用管理項目を、システム運用におけるBPOサービスとしてご提供いたします。これによりお客様は、クラウド環境でのジョブ自動実行やスケジュール管理機能の利用に集中し、システムの安定稼働に本来必要となる各種運用管理項目をマネージドサービスとして利用することが可能となります。

 なお、「A-AUTO」 Ver8.0の最新情報は、BSPホームページにて随時公開してまいります。どうぞご期待ください。

http://www.unirita.co.jp/products/aautoopen.html

以上