1. ホーム
  2. 最新情報
  3. プレスリリース

プレスリリース

BSP、大規模運用からモバイルまで様々な利用シーンで活用される
クラウド版ITサービスマネジメントツール「LMIS on cloud」の
新バージョンVer1.2をリリース

プレスリリース

 ITシステム運用系パッケージ・ソフトウェアを開発・販売する株式会社ビーエスピー(本社:東京都港区、代表取締役社長 竹藤 浩樹、以下BSP)は、2013年5月7日、業界トップクラスのシェアを誇るクラウド版ITサービスマネジメントツール「LMIS on cloud(エルミス・オン・クラウド)」の新バージョンとなるVer1.2をリリースしました。

 BSPグループは、幅広い業種のお客様とともに長年に亘り作り上げてきたITシステム運用の実績や専門ノウハウ等をベースにした運用コンセプト「LMIS(エルミス:Lifecycle Management for IT Service)」を提唱しています。「LMIS」は、ITシステムの企画設計・開発・運用・改善というライフサイクルの全体最適を図る観点から、ユーザの個々の環境に適したITサービスマネジメントを実現し、変化に強く企業価値向上に貢献するITサービスの構築を提供しています。

 クラウド版の最新バージョンとなる「LMIS on cloud」Ver1.2では、これまで以上に多くのユーザの利用を想定し、大規模運用からモバイルまでの様々な利用シーンでの活用に対応するための機能追加と拡充を施し、ユーザへの利便性をさらに向上させました。

「LMIS on cloud」Ver1.2で利用可能になった主な追加機能

ITサービスの利用状況がエンドユーザに可視化されて提示
障害情報などの登録者や承認者だけでなく、エンドユーザ自身が「LMIS on cloud」にアクセスしてFAQやインシデントの状況を確認できるようになりました。これにより、全社規模での活用と情報共有が可能になり、障害数・対応ステータスの可視化はもちろんのこと、既知の問題であれば、エンドユーザ自身が確認して解決することで、サポート担当者の負荷を軽減し、業務の効率化をはかることができます。

ロケーションを選ばず外出先でも承認が可能
「LMIS on cloud」にログインしていなくても、メールによる承認行為を実施することができるようになりました。これにより、モバイルなどのツールを利用できる条件が整っていれば、ロケーションを選ばず承認が可能になります。

柔軟なワークフローでスピード対応を実現
ワークフローにおける承認が、出張、外出等で止まりスムーズに流れないという課題に対して、指定した期間を越えた際には承認権限を他のユーザに委譲する機能を追加しました。休暇や傷病などで承認者が不在になるときも、承認者設定を変更することなく一時的に承認権限を委譲し、代理者が承認することで対応の遅延を防止することができます。

障害の影響範囲、リリース対応状況をより直感的に確認が可能
障害の影響範囲、リリース対応状況をより直感的に確認できるように、プロセス間の紐付きや構成情報を俯瞰する関連情報エクスプローラの表示を改善しました。また、CSV出力にも対応させ、データ加工やレポート作成などでの活用が可能になりました。

「LMIS on cloud」の詳細については、Webサイトをご参照ください。
http://www.unirita.co.jp/products/lmisoncloud/function_new.html

以上