1. ホーム
  2. 最新情報
  3. プレスリリース

プレスリリース

BSP、リリース管理と連動しソフトウェアのリリースを自動化する
「リリース管理の自動化ソリューション」の提供を開始
~開発と運用のプロセス自動化でDevOpsを実現~

プレスリリース

 ITシステム運用系パッケージ・ソフトウェアを開発・販売する株式会社ビーエスピー(本社:東京都港区、代表取締役社長 竹藤 浩樹、以下BSP)は、2013年5月23日、リリース管理で承認されたリリースに伴う作業を自動化させる「リリース管理の自動化ソリューション」の提供を開始しました。

 事業統合など事業環境の変化に伴うシステム構成の複雑化や開発プロジェクトの増大、アジャイル開発などの開発手法の発展などによって、ソフトウェアのリリース作業は増加する傾向にあります。本番環境への移行は定められた時間内に対応する必要がある上、未だ人手による作業が多いためミスが発生しがちです。

 「リリース管理の自動化ソリューション」では、あらかじめ定義した手順に従って本番環境へのソフトウェアのリリース処理を自動化し、作業ミスを防ぎリリース管理に伴う工数を削減します。承認履歴や作業プロセスと結果を事後に確認できるため、様々な監査に対応することも可能です。

 本ソリューションの特長と適用効果は以下の通りです。

自動化により作業ミスと工数を大幅に削減
 計画されたスケジュール手順に従って、リリース作業や事前処理・バックアップ・事後処理などの関連作業を自動的に実行し、人為的な作業ミスを防止します。また、リリースジョブのホールド(例:動作確認中のホールド)や、失敗時は作業前の状態に自動リカバリーすることも可能です。

ワークフローとの連携による申請・承認の標準化と履歴保管による監査対応
 BSPのITサービスマネジメントツール「LMIS(エルミス)」のワークフローと連携させることで、リリース作業に対する承認、リリースモジュールの正当性確認、リリース実行、履歴保管が行えます。また、開発側が依頼し、運用側で承認したリリース作業の成否も自動的に記録されるため、開発と運用の分離指摘も含め内部統制やセキュリティ監査からの要求事項にも柔軟に対応することができます。

 「リリース管理の自動化ソリューション」を活用し、頻繁なリリースに対応することで、ビジネスニーズに迅速に応える開発と運用の円滑な関係とされるDevOpsを実現することができます。

 なお、「リリース管理の自動化ソリューション」は、オンプレミス版「LMIS」およびクラウド版「LMIS on cloud」双方と連携することが可能です。

 「リリース管理の自動化ソリューション」の詳細については、Webサイトをご参照ください。
http://www.unirita.co.jp/products/lmis/solution3.html

以上