1. ホーム
  2. 最新情報
  3. プレスリリース

プレスリリース

BSP、帳票基盤ツール「BSP-RM」に
日立製作所の帳票ミドルウェア「PDE for Open」との連携オプションを新たに搭載
~メインフレーム帳票をアプリケーションの改修なく、容易にオープンプリンタに出力~

プレスリリース

 ITシステム運用系パッケージ・ソフトウェアを開発・販売する株式会社ビーエスピー(本社:東京都港区、代表取締役:竹藤浩樹、以下BSP)は、このたび、帳票基盤ツール「BSP-RM(ビーエスピー・アールエム)」の最新バージョンに、株式会社日立製作所(本社:東京都千代田区、執行役社長:中西宏明、以下 日立)の帳票ミドルウェアであるPRINT DATA EXCHANGE for Open(以下PDE for Open)と連携する「BSP-RM/PDE for Open DRV オプション」を新たに搭載しました。

 メインフレームを利用するIT部門では、プリントコストの削減を目的にプリンタ環境をオープンプリンタに移行するニーズが高まっています。しかし、メインフレーム環境で作成した帳票をオープンプリンタに出力するためには、メインフレーム帳票特有の書式や文字修飾などをオープンプリンタ向けに変換する改修を業務アプリケーション側で行わなければならず、移行には多くの手間がかかっていました。

 この課題に対応すべく、BSPは、文字コードなどプラットフォーム間の違いを吸収できるBSPの帳票基盤ツール「BSP-RM」に、メインフレーム帳票と同様の書式などの資産を使ってオープンプリンタ出力を実現する日立の「PDE for Open」 との連携オプションを搭載しました。これにより、業務アプリケーションを改修することなくオープンプリンタへのスムーズな移行が可能となります。

 また、両製品が連携することで、各社のメインフレームから出力される印刷データの受付、大量帳票の仕分、名寄せなど、メインフレームと同様の帳票出力運用をオープン環境でも容易に実現することができます。

今回の製品連携による効果

1:業務アプリケーションの改修なく、オープンプリンタで大量帳票の印刷が可能
2:各社のメインフレームからの帳票データをそのまま利用可能
3:既存で利用している書式などの帳票資産を流用可能

 今後、BSPは、基幹系システム帳票のオープン化によるコスト削減を検討されているお客様に向けに、オープン環境での帳票基盤の構築をさらに強力にサポートしてまいります。

以上

<株式会社日立製作所からのコメント>
日立製作所は、このたびの株式会社ビーエスピー「BSP-RM」の「PDE for Open」対応を歓迎します。
プラットフォーム環境や利用シーンに依存しない帳票管理/制御機能を提供する「BSP-RM」と、メインフレーム特有の書式や文字修飾に対応した「PDE for Open」との連携により、メインフレーム帳票に対応したオープン環境での帳票基盤がより簡単に実現できるものと期待しています。

株式会社日立製作所 情報・通信システム社 ITプラットフォーム事業本部
開発統括本部ソフトウェア開発本部 本部長 尾花学

<株式会社日立ソリューションズからのコメント>
日立ソリューションズは、株式会社ビーエスピー「BSP-RM/PDE for Open DRV オプション」の提供開始を心より歓迎します。日立ソリューションズは、帳票システムの提案、構築から保守まで、ワンストップで提供する「基幹系プリントソリューション」で多くのお客様のオープン環境への移行課題にお応えしてきました。今回の連携により、メインフレームのアプリケーションを改修せずにオープンプリンタへの移行を実現する提案が可能となり、これまで以上にお客様の帳票活用シーンに貢献できると確信しております。

株式会社日立ソリューションズ プラットフォームソリューション事業本部
プロダクトソリューション事業部 事業部長 坂上秀昭

【販売価格】
「BSP-RM for Windows」基本ライセンス価格は、380万円(税抜)から
「BSP-RM/PDE for Open DRVオプション」価格は、30万円(税抜)から

<BSP-RMの特長>
「BSP-RM」は、環境や業務を選ばずに帳票出力時における違いを吸収することを可能とし、特定のメーカーに依存しない帳票出力ソリューションをご提供します。
BSP の帳票基盤ツール「BSP-RM」の詳細はこちらから
http://www.unirita.co.jp/products/rm/index.html

<PDF for Openの特長>
「PDE for Open」は、メインフレームでの帳票印刷に必要な書式や文字修飾情報などの帳票資産を使って、オープン環境で出力帳票の互換性を実現します。また、帳票資産をオープン環境で作成・変更でき、システムの開発や維持管理コストの削減を可能にします。
日立製作所の帳票ミドルウェア「PDE for Open」の詳細はこちらから
http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/soft1/pde/index.html

【関連セミナー】
事例に見るレガシーマイグレーション成功の秘訣 ~ホストの常識は通じない? 移行ノウハウ教えます~
共催:日立製作所、日立ソリューションズ、日立INSソフトウェア、ビーエスピー
日時:2013年9月20日(金)14:00~17:00 (受付時間 13:30~14:00)
場所:株式会社日立製作所 品川イーストワンタワー 13F ハーモニアスコンピテンスセンター
URL:https://www.open-middle.com/seminar?si=slt&ek=sub&SN=130920-C2