1. ホーム
  2. 最新情報
  3. プレスリリース

プレスリリース

スマートデバイスで利用可能な企業向けEラーニング・ナレッジシステム
「LIVE UNIVERSE」の提供開始
~動画SNSを使って効率的にノウハウを伝承~

プレスリリース

 株式会社ユニリタ(本社:東京都港区、代表取締役:竹藤 浩樹、以下ユニリタ)は、2016年3月1日より、株式会社ゴールデンマジック(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本 勇太、以下ゴールデンマジック)と共同企画した企業向けEラーニング・ナレッジシステム「LIVE UNIVERSE(ライヴ ユニバース)」の提供を開始します。

 「LIVE UNIVERSE」は、九州熱中屋など直営94店舗の飲食店を運営するゴールデンマジックとユニリタとの共同企画サービスであり、ユニリタの企業向けポータルのクラウドサービスである「infoScoop Smart×Portal(インフォスクープ スマート ポータル)」を基盤として利用しています。

 ユニリタの「infoScoop Smart×Portal」を使えば、従来のSNSとは異なり、画像やドキュメントだけではなく、動画を共有することができるため、隔地で勤務するスタッフ同士のコミュニケーションを効率的に行うことが可能となります。また、動画に対してコメントや「いいね!」などのフィードバックをすることもでき、ドキュメント化しにくい業務ノウハウや外国人従業員等、ドキュメントだけではコミュニケーションがとりにくい方とも効率的かつ効果的にノウハウの伝承およびスキルアップを図ることが可能となります。加えて、「infoScoop Smart×Portal」は、拡張性に優れ、Google AppsOffice365などの様々なクラウドサービスと連携できる点も特長の一つです。

 「LIVE UNIVERSE」は、この「infoScoop Smart×Portal」の有する機能に加え、多店舗展開を図る業態における人材育成、能力開発に必要な仕組みを取り入れています。この仕組みにより、利用者は、サービス業であれば接客スキルや会話スキルのベストプラクティス動画を、飲食業であれば調理法やレシピ等のデータについて、時間・場所を選ばずに閲覧でき独自に学習を進めることができます。さらに、個々の進捗状況等をWeb上で共有し、コメントや「いいね!」を追加して上司や同僚とのコミュニケーションを取り合うこともでき、タイムリーにフィードバック評価も受けられるため効率的にノウハウの伝承およびスキルアップを図ることが可能となります。また、利用者サイドとしても、当該教育サービス内に表示された課題を順番に消化していくことで、より高いレベルの業務にシフトしていく過程が明確となり、成長段階が可視化され利用者のモチベーション向上にも寄与します。

 また、ユニリタとゴールデンマジックは「LIVE UNIVERSE」について、飲食業界だけでなく小売・サービス業界、教育業界などの多様な業界へ向けた共同販売をいたします。

 今後のバージョンでは、投稿された情報を機械学習で分析をし、情報共有の効率を上げる機能を提供する予定です。

 SNS、モバイル、人工知能(AI)およびポータルというITを組み合わせることにより、時間と場所の拘束から解放された働き方をするというワークスタイルの変革やBtoBの顧客エンゲージメントシステムなど、デジタルトランスフォーメーションを目指すお客様にご提供いたします。

<株式会社ゴールデンマジックについて>

 株式会社ダイヤモンドダイニング(東証一部上場)の100%出資会社として2009年5月に設立されました。居抜き物件に特化した高収益業態の店舗展開を行い、ゴールデンマジックは主力業態である「九州 熱中屋」を中心に、関東・関西圏内に直営94店舗(平成28年2月末日現在)を運営しています。「食で笑う」という経営理念を掲げ、一人でも多くのお客様に愛される店舗作りを行っています。

参考資料:「LIVE UNIVERSE」 画面イメージ

参考URL:「LIVE UNIVERSE」Webページ(2017/9/1追加)