1. ホーム
  2. IR情報
  3. IRニュース
  4. ITシステム運用からITサービスへ― ITシステム運用の新時代の幕開けに向けたBSPグループの提唱 ―(プレスリリース)

ITシステム運用からITサービスへ― ITシステム運用の新時代の幕開けに向けたBSPグループの提唱 ―(プレスリリース)

プレスリリース

ITシステム運用からITサービスへ ― ITシステム運用の新時代の幕開けに向けたBSPグループの提唱 ―

ビジネス環境がめまぐるしく変化する中、ITシステムは、経営から基幹業務、社内コミュニケーションなどあらゆる場面でその重要性が高まっています。さらに内部統制を始めとするガバナンスやリスク管理対応など、ITシステムの品質が企業活動の品質を大きく左右するまでになっています。

ITシステム運用のパッケージ・ソフトウェア開発と運用コンサルテーションに30年にわたって取り組んでまいりましたBSPグループは、今般「ITサービス to Next Stage」をメインテーマに、業界リーディングカンパニーの皆様とともに「BSPフォーラム2007」を開催いたします。

BSPフォーラム2007におきまして、お客様にとっての利益の最大化を図るべく、部分最適から全体の最適へ、コスト削減から品質の向上へ、さらにITシステム全体をそのライフサイクルを見据えて成長、進化させていくITシステムの運用の枠を超えた新たなITサービスへ発展させていくことを提唱いたします。

同時に、ITシステム運用分野での長年にわたる経験と専門知識、ノウハウ等を結集した、ライフサイクル管理による新たなITサービスのコンセプト「LMIS(エルミス)」(Lifecycle Management for IT Service)と、そのコンセプトをさまざまな業務システムの基盤システムとして実現するLMIS準拠の製品並びにLMIS コンセプトに対応したA-AUTOの新たなバージョンV7を発表いたします。

今回フォーラム開催趣旨にご賛同いただいた業界リーディングカンパニー各社とともに、お客さまのビジネスに真に貢献する最適なITサービスの実現へ向け、BSPグループ一丸となってチャレンジし続けることをお約束し、ここに表明いたします。

以上

株式会社ビーエスピー
設立:1982年5月24日
本社所在地:東京都港区
代表取締役社長:竹藤 浩樹
資本金:13億3,000万円(2007年3月31日現在)
上場:ジャスダック証券取引所(証券コード3800)
グループ会社:(株)ビーエスピーソリューションズ、
         (株)ビーエスピー・プリズム BSPインターナショナル(米国)
URL:http://www.unirita.co.jp

今回の発表に際して、ご協賛各社および団体よりエンドースメントをいただいております。
(五十音順)

株式会社アトムシステム
代表取締役社長 細野 哲也 様
BSPフォーラム2007の開催、おめでとうございます。
また、A-AUTOV7の発表に、心よりお祝いを申し上げます。今後も弊社のコンサルティングサービスやシステム開発とBSPグループとのパートナーシップにより、お客様には、満足いただけると確信しております。

MIJSコンソーシアム 様
「BSPフォーラム2007」開催おめでとうございます。
MIJSコンソーシアムは、日本の有力ソフトウェアベンダー25社が結集し、製品の相互連携を軸に、国内外のビジネス基盤を強化する活動を推進しております。その中でBSP社は、連携インフラの中核を担う活躍をされています。今後もBSPの優秀な技術力に期待いたしております。

京セラミタジャパン株式会社
ソリューション推進本部 本部長 片岡 直樹 様
京セラミタジャパンは、ITシステムの新時代に向けたBSPグループの提唱の場である「BSPフォーラム2007」の開催を、心より歓迎いたします。
新たなITサービスソリューションへの発展を目指すBSPグループ各社と、京セラミタジャパンがさらに協業することで、帳票をはじめ、文書や書類データの処理に課題をお持ちの企業様へ、よりご満足いただけるドキュメントシステムをご提案させていただけるものと期待しております。

コクヨ株式会社
@Tovas事業部 事業部長 山崎 篤 様
「BSPフォーラム2007」開催、おめでとうございます。
BSP社が展開する基幹系システムの安定した運用管理を主眼に置いた各種製品と、コクヨが事業展開している、外部へ発信するビジネス文書のトレーサブルな流通・公証プラットフォーム「@Tovas(あっととばす)」とが相互に強化・連携し企業を取り巻く統制活動に貢献できればと思っております。

サン・マイクロシステムズ株式会社
マーケティング統括本部 統括本部長 九里 禎久 様
サン・マイクロシステムズ株式会社は、BSPフォーラム2007の開催にお祝いを申し上げるとともに、A-AUTO最新版の発表を歓迎いたします。A-AUTOは、弊社Solaris 10のSPARC版をはじめ、x86版や、仮想化技術であるSolarisコンテナにもいち早くご対応いただきました。
今後、A-AUTOが、ZFSファイルシステムやSMF(セルフヒーリング機能)といったSolaris 10の特長を活かし、Sunプラットフォーム上でビジネスを拡大されることを期待しております。

株式会社CRCシステムズ 様
BSPフォーラム2007」開催、「A-AUTO販売30周年」まことにおめでとうございます。
弊社は、1984年にシステム運用管理を中核とした会社として、親会社(伊藤忠テクノソリューションズ)より独立し24年目となります。今後は御社のソリューションと弊社の運用ノウハウとの融合で、システム運用管理ソリューションの実現ができればと思っております。

TIS株式会社
事業統括本部 産業第3事業部 取締役事業部長 後藤 康雄 様
TIS株式会社は、BSPグループが提唱される新たなITサービスのコンセプト「LMIS」を歓迎いたします。弊社はITIL標準に基づいた運用品質向上、運用効率化を追求し、自社でも運用の標準化を進めています。
さらにお客様に最適なシステム運用を提供するため、今後ともBSPグループとのパートナーシップを推し進め、お客様に「最適」なITサービスを提供してまいります。

東京システムハウス株式会社 様
この度は、『BSPフォーラム2007』開催、誠におめでとうございます。弊社は10年以上、レガシー・マイグレーション・サービスを展開しております。BSPグループ各社様が提供するシステム運用・帳票ソリューションと弊社の『MMS(メインフレーム・マイグレーション・サービス)』のコラボレーションにより、お客様に大きな利益をもたらすオープン化ソリューションを実現できるものと確信しております。

日本オラクル株式会社
クロスインダストリービジネス推進本部 本部長 江口 良和 様
日本オラクルは、「BSPフォーラム2007」の開催を歓迎いたします。
弊社は、最新型データベース「Oracle Database 11g」の出荷を2007年10月23日より国内にて開始しました。同製品は、従来から評価の高かった機能を継承しながら、顧客からの強い要望のひとつである「運用管理コストの削減」を中心とした数多の機能を新たに搭載しています。
また、この度のBSPグループが提唱する「LMIS(エルミス)」コンセプトの展開による相乗効果によって、運用コストの削減に向けた市場の需要が拡大していくことを期待しています。日本オラクルでは、企業の情報システムがますます効率化し、経営の重要なインフラとしての効果的な活用が加速する提案活動を積極的に行ってまいります。

日本ティーマックスソフト株式会社
代表取締役 李 基煥 様
B日本ティーマックスソフト株式会社は、BSPグループの真に高品質なITサービス「ITサービス to Next Stage」の提唱を心より歓迎いたします。弊社のOpenFrameは、メインフレーム資産を効率的にリホストし次世代システムの構築を実現します。
今回、BSPグループとの連携により、企業の基幹系システムにおいて最適なマイグレーションをご提供することが可能になり、お客様のビジネスに貢献できるITサービスを実現できると確信しております。

日本テラデータ株式会社 様
「今般、BSP社とテラデータコーポレーションは、エンタープライズ・データウェアハウス(EDW)分野における両社のソリューション協業に向けパートナーシップを締結しました。弊社の提唱するアクティブ・データウェアハウスの安定した運用ソリューションサービスを提供して参ります。BSPとテラデータのグローバルな展開にご期待ください。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
執行役員 エンタープライズ ストレージ・サーバ統括本部 統括本部長 松本 芳武 様
BSPフォーラム2007の開催おめでとうございます。
日本HPは、24時間365日完全自動化された変化適応型ITインフラの提供により、高品質を維持しながらコスト削減を実現し、お客様の競争優位獲得のサポートを目指しています。従来からBSPグループ各社様とともに、信頼されるITシステムの運用管理環境構築をインフラの観点からご支援してまいりましたが、今後もHPの提供するサーバやストレージを中心としたインフラ技術とBSPグループ製品群の組み合わせにより、情報システムの最適な投資効果を生み出すために協調してまいります。

株式会社ビーコンIT
執行役員 営業本部長 新藤 匡浩 様
「BSPフォーラム2007」の開催おめでとうございます。
安心してお客様に使い続けて頂くために、運用技術の革新は重要です。これからもビーコンITは、BSPグループとのつながりを大切にし、変化に強い仕組みを提供してまいります。

株式会社ビジネスコンサルタント
取締役総研部長 岩澤 誠 様
今まで、BSPグループの提供するシステム管理の人たちへの、ITだけでない様々な支援活動には敬服してまいりました。中でも一緒に協働させていただいている人材育成への取り組みは、その切り口と質において目を見張るものがあります。今回のBSPフォーラムを起点として、さらなる展開をされることを、心より期待しております。

マイクロソフト株式会社
サーバープラットフォームビジネス本部 業務執行役員 本部長 五十嵐 光喜 様
ITシステムの運用の枠を超えた新たなITサービスを提唱する「BSPフォーラム2007」の開催、おめでとうございます。
お客さまのビジネスに真に貢献する最適なITサービスを目指すBSPグループ各社様と、サーバーからデスクトップに至るWindowsプラットフォームを最適に管理できる運用管理製品群「System Center」を提供する弊社が協業することで、ITシステム全体のライフサイクルを見据えた最適なソリューションが実現し、ITシステム運用を支えている方々を共同支援していくことができるものと確信しております。

株式会社リコー
プロダクションプリンティング事業部 国内販売センター 営業統括部 様
ITサービスの新化を踏まえ、基幹業務出力の全体最適とローコストハイエンドプリンタを提案しているリコーとしましても、LMISコンセプトおよびそれに対応したA-AUTOバージョンV7の発表を心より歓迎いたします。

株式会社リンクレア 様
この度は「BSPフォーラム2007」開催おめでとうございます。
弊社は、創業以来、独立系のシステム創造会社として、業務アプリケーションの開発を得意としております。今後、開発・運用の統合的ソリュ-ションの実現に向けて、より一層関係を強化していければと思っております。

株式会社ローレルインテリジェントシステムズ 様
ローレルインテリジェントシステムズはこの度のA-AUTO バージョンV7の発売開始を心より歓迎申し上げます。お客様より絶大なる信頼を頂くA-AUTOがこれからも最良であり続けることを期待しております。

以上

◆お問い合わせ先◆

株式会社 ビーエスピー
〒108-6029 東京都港区港南2-15-1品川インターシティA棟29階
Tel : 03-5463-6385
Fax : 03-5463-6392
広報室 担当:井上
E-Mail : info@bsp.co.jp

※ 記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更される可能性もありますので予めご了承ください。