1. ホーム
  2. UNIRITAマガジン
  3. UNIRITAマガジン一覧
  4. 7月はイベントにGo!Go! システム管理者が主人公 「システム管理者感謝の日イベント」の夏が来た

7月はイベントにGo!Go! システム管理者が主人公 「システム管理者感謝の日イベント」の夏が来た

毎年7月の最終金曜日は「システム管理者感謝の日」です。その日に先立つ記念行事として、日々の運用を支えているシステム管理者の方々に感謝すると共に、新たな取り組みを後押しする事例と情報が得られるイベントを開催します。
このイベントは企業のITシステムを運用・管理・開発・企画する人たちが集まって、新たな技術や考え方について学ぶとともに、参加者同士が交流を通じて知見を広めることで、システム管理者としてステージアップすることを目指しています。

システム管理者感謝の日とは?

毎年7月最終金曜日は「システム管理者感謝の日」ということをご存知ですか?
「トラブルなく稼動して当たり前」と言われるITシステム。その陰には、ITシステムを支える方々の粘り強い支えがあります。システム管理者感謝の日は、そんなシステム管理者のハードワークと献身に感謝する日として米国で誕生しました。ユニリタもこの活動を広げるべく、2007年に記念日として登録しました。 
システム管理者感謝の日イベントは、その名の通り「システム管理者感謝の日に、システム管理者に感謝する」ためのイベントとして始まりました。2007年以降、毎年7月に開催しており、今回で第12回を迎えます。

今回の開催テーマ

今回のテーマは、
システム管理者の「君たちはどう生きるか?」

日常的にITシステムの維持に追われてルーティンワークになりがちなシステム管理・運用部門こそ、情報システムの周りで動く社会やビジネスなど、新しい変化の流れを知る必要があります。
本イベントでは、参加者となるシステム管理者の皆さまに、「世界」「実務(ビジネス)」「技術者」の3つの側面で、変わりゆく今のIT事情を紹介します。そして、参加者が自らの将来を見つめて『新しいチャレンジに明日から取り組む』ことを後押します。

<<講演プログラム>>

●【世界から】
「便利、楽、安全」な日本に慣れて、海外で進む先端市場をご存知ないのでは? 近隣のアジアでも進む「日本では想像できないITサービスの浸透」と、その向かう先を紹介します。

●【実務(ビジネス)から】
今「ドローン」の活用が急速に進んでいる状況をご存知でしょうか?AIや画像認識技術などと連携した最新のビジネス活用と、その裏に採用されるIT技術の状況を紹介します。

●【技術者から】
あのサービスの裏で動く「情報システム部」はどうなっているの?
チャレンジする事業の裏側を ITで支えるシステム管理者の体験を紹介します。

昨年の開催風景

講演の他にも

第1回システム管理者アワード 全体表彰
システム管理者アワードは、皆さまの会社で定例的に行っている“表彰や感謝の気持ちを伝える活動”を取り上げて、情報発信を行う取り組みです。当会で継続して情報発信することで、皆さまの感謝の気持ちを伝える活動が業界全体に広がることを目指しています。
今回は第1回として、これまで取材してきた各社の取り組みを表彰します。

システム管理者感謝の日は「おつカレー様」
イベント会場ロビーでは、さまざまな活動を紹介する予定です。
恒例のおやつタイムには、カレーパンが振舞われるのでは?

数百人規模で開催される情報交換会
プログラムの最後には、来場者全員が参加できる情報交換会があります。情報交換会では、当日ご講演いただいた方々に直接質問することもできます。皆さまの会話が弾むよう、軽食と飲み物を用意してお待ちしております。