1. ホーム
  2. UNIRITAマガジン
  3. UNIRITAマガジン一覧
  4. ユニリタの「総合監視・運用管理ソリューション」 多様化したITインフラと複雑化した業務システムの 稼働状況を包括的に監視・可視化

ユニリタの「総合監視・運用管理ソリューション」
多様化したITインフラと複雑化した業務システムの 稼働状況を包括的に監視・可視化

クラウドや仮想環境などの混在が進み、多様化するITインフラにより複雑化した社内システムは、単純なサーバ監視(性能監視やプロセスの死活監視)だけでは、業務システム全体の稼働状況を把握することが難しくなってきています。
また、システムの複雑化はジョブ管理業務にも大きな影響を及ぼします。これまで以上にジョブ構成が複雑化し、システムの追加や障害発生時の影響範囲を正しく見極めることが困難になり、運用業務に対するリスクを高めています。

システム監視業務の現状

・多様化が進むITインフラ
多くの企業では、システム更改や新たにシステム構築をする際、クラウド利用の検討が当たり前になりつつあります。しかしながら、セキュリティや他システムとの連携などの問題でシステム全体をクラウド上に構築することは難しく、結果として、オンプレミスとクラウドを共用するハイブリッド構成を採用されているケースをよく見かけます。
また、長く稼働し続け、安心、安全、安定を大前提とした「運用ファースト」でITインフラを選定するケースは、基幹システムなど、ごく一部のシステム構築時のみで見られる考え方であり、ビジネスの急激な変化に対応する必要があるシステムでは、「スモールスタート」「スケールアウト」を優先してITインフラを選定しています。特に後者では事業部門主導で構築が進むことが多く、システム運用部門の統制が効かずにITインフラや利用するソフトウェアサービスもバラバラになり、結果的にシステム全体が複雑化してしまいます。
このように、複雑化したシステムでは、これまでのシステムを構成する要素(個々のサーバのリソースやプロセス、ネットワーク機器)を監視する「サーバ監視」の手法だけでは業務アプリケーションのレスポンスも含めたシステム全体の稼働状況を監視することは困難になっています。

・アプリケーションにおけるパフォーマンス監視の重要性の高まり
デジタルトランスフォーメーションが進み、多くのビジネスプロセスがシステム化されたことにより、『ビジネスに直結するアプリケーションのパフォーマンス監視』の重要性が高まっています。これまでも、ECサイトのようなBtoCビジネスを支えるシステムでは、アプリケーションのレスポンス速度といったパフォーマンスの重要性は認識されていましたが、最近ではBtoBビジネスや社内向けのシステムでも、アプリケーションのパフォーマンス低下がビジネス機会の損失や生産性の低下に直結することも少なくありません。

・システム運用管理者の不足
これまでIT部門の主な役割は、業務効率化やコスト削減などのいわゆる「守りのIT」でした。
しかし、ビジネスのデジタル化が進むにともない、ビジネスモデル変革などのIT戦略策定といった、企業の競争力を高めるためにITを利用する「攻めのIT」に役割が替わりつつあります。
IT部門の役割変革が進むことで、IT部門におけるシステム運用領域の人材は、年々減少しています。下記の表1の通り、この2014年~2016年の3年間で「社内システム導入・開発・保守」と「社内システム運用管理」の割合は約11%も減少しています。

また、今後、企業に求められるIT人材も企業規模が大きくなるにつれて「IT戦略策定」や「社内業務プロセス設計」などが重要視されており、システム運用領域の新たな人材育成は、より難しくなっていくと想定されます。

このように、システム運用管理者が減少していく状況では、システム運用にかかる工数を削減するとともにベテランの担当者の熟練したスキルやノウハウに依存せずに安心、安全、安定の運用が実現できるようなシステムを構築していく必要があります。

運用管理のすべての課題を解決する

・総合監視・運用管理ソリューション
これまでに前述した、社内システムの複雑化、パフォーマンス監視、人材不足といった運用管理の課題をユニリタの「総合監視・運用管理ソリューション」は、すべて解決します。  
これまでのインフラ目線でシステムを監視する「サーバ監視」の手法に加えて、新たにユーザ目線でシステムを監視する「Application Performance Management(以下、APM)」の手法とジョブの運行状況を分析する「JobVisualizer」を組み合わせることでシステム全体の稼働状況を一元的に可視化します。
システム障害発生時の根本原因特定までの時間を短縮するだけではなく、アプリケーションのパフォーマンス低下の兆候を事前に把握することが可能となり、サービスレベルの維持や障害を未然に防止することができます。
例えば、サーバ監視とAPMを組み合わせることによりアプリケーションパフォーマンスの低下時にシステムの構成要素のどこに問題があるか即時に把握可能となります。
特に、サーバ監視側で各種リソースの使用率の増加によるアラートを検出した場合などは、APM側の状況を確認することで、アクセス数の増加やリソースへの負荷状況といったシステムの利用傾向を確認できるようになります。
さらに、「JobVisualizer」によりジョブ運行状況を可視化することでベテラン担当者でなくともクリティカルなジョブの把握ができるようになります。

これまで数多くの運用システム構築に携わり、お客様の課題を解決してきたユニリタのノウハウを集約した「総合監視・運用管理ソリューション」、運用でお困りのお客様はぜひご相談ください。

担当者紹介

営業本部 営業部
ITエンジニアグループ
小林 春亮

関連サービス&プロダクト

コミュニケーション型PaaS「スマートコミュニケーションプラットフォーム(SCP)」

コミュニケーション型PaaS「スマートコミュニケーションプラットフォーム(SCP)」

SCPは、企業のデジタルトランスフォーメーションや、ソフトウェア開発会社がクラウドサービスを素早く構築して展開できるクラウドサービスです。
月額料金ですぐにスモールスタートできます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

どのサービスが一番適しているの?課題がまだまとまっていない。。。 こういう事例はある? 見積もりだけでもいい?

  • 東京本社 03-5463-6381
  • 名古屋事業所 052-561-6808

※受付時間:平日9:00~17:30

お問い合わせフォーム