1. ホーム
  2. サービス&プロダクト
  3. BPM(ビジネスプロセスマネジメント)ツール | ARIS
 

BPM(ビジネスプロセスマネジメント)ツール

“今まで通り”が通用しないこのご時世、自社の戦略・プロセス・ITが常に見えていなければ変革を続けていくことはできません

グローバル化や買収、合併などにより、多くの企業は業務プロセスについて、継続的な見直しを迫られています。企業内の戦略・プロセス・ITの整合性を取りながら、継続的な改善を進めるには、企業資産をより効果的に可視化、分析、共有する必要があります。ARIS(アリス)は、そのために生まれたモデリングツールです。

ARIS HOUSE

プロセスとは、「組織」が提供する「ファンクション」によって「データ」を変換しながら、何らかの「アウトプット」を生み出す一連の活動です。この定義をそのままモデリング手法に適用するのが「ARIS HOUSE」のフレームワークです。「組織」、「ファンクション」、「データ」の構造を整理した上で、これらの企業資産を「アウトプット」の種別ごとに時系列に沿って組み合わせることによって「プロセス」を描きます。「組織」、「ファンクション」、「データ」、「アウトプット」が「プロセス」を通じてどのように関連し合うのか?という事を正確に表現することができます。

企業をモデル化するためのフレームワークがARISには内包されています

企業資産のモデル化

ARISは、下図のように戦略からインフラまで、さまざまな視点で企業資産をモデル化することができます。縦軸は抽象度を表し、上から下へ何段階でも詳細化してゆくことができます。赤線は縦の構造、青線は横の関係性を示しています。企業をこのように可視化してみると、何かが変わった時、それがどこに影響を及ぼすか、すぐに特定できるようになります。

リポジトリ管理

ARISは、組織・業務・システム・画面・帳票など、全てのモデル上のオブジェクトの名称(ビジネス用語)をDB内に一元管理し、企業としての用語統一を促進します。

モデルの活用

モデル化された企業資産からは、IT開発・運用に必要となる各種の台帳類をレポート出力することができ、IT開発ライフサイクルの生産性と品質を向上させることができます。

変革サイクルを速くする企業の設計図

最新のモデルを維持管理し続けていけば、情報伝達ミスによる手戻りや、現状調査・分析のやり直しなど、生産性の低い活動を抑止することができ、変革サイクルの効率とスピードが向上します。

ホワイトペーパー

「ビジネスプロセスマネジメントによる全体最適化へのチャレンジ」

お申し込みはこちら

関連事例

日本電気株式会社様

日本電気株式会社様

標準業務プロセスのグローバル展開・徹底・維持管理
~それを可能にした改革推進組織とBPM方法論~

カシオ計算機株式会社様

カシオ計算機株式会社様

Windows Server 2003のEOL対応が「あれはどうなっていた?」解消のスタートに
~「ARIS」によるITアーキテクチャの標準化、そしてEAの実現~

関連リンク

ユニリタbpmコミュニティ | facebook

ユニリタbpmコミュニティ | facebook外部ウィンドウを開く

facebookでbpmコミュニティを発足

 ・BPMの普及、展開、維持管理を“自分事”と捉える人のため
 ・課題認識を共有する
 ・関連する理論やフレームワークを持ち寄る
 ・成功体験、失敗体験を共有する
 ・ユニリタもその声に沿い、提供するサービスを改善する
ことを狙いとします。まずはキーとなる用語や概念の定義を共有しましょう。

関連サービス&プロダクト

業務要件定義支援ソリューション | BiRDSS

業務要件定義支援ソリューション | BiRDSS

業務要件定義支援ソリューション「BiRDSS」は、業務とシステム機能の利用状況を具体的に可視化する手法を提供し、要件の縦横のトレーサビリティを担保し、要件定義・テスト工程の品質を飛躍的に向上させ、コストの増大、納期遅延を抑止します。

ITポートフォリオ管理 | ALFABET

ITポートフォリオ管理 | ALFABET

ITポートフォリオ管理「ALFABET」は、部門ごとにバラバラだったシステムに関する情報を1つのDBに集約することで、複数のプロジェクトやIT資産を多面的・俯瞰的に見ることが可能になります。これにより、特定の指標で投資の優先順位づけや追加投資の決定、投資シナリオの比較検討が可能になり、IT投資の最適化が実現されます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

どのサービスが一番適しているの?課題がまだまとまっていない。。。 こういう事例はある? 見積もりだけでもいい?

  • 東京本社 03-5463-6381
  • 名古屋事業所 052-561-6808

※受付時間:平日9:00~17:30

お問い合わせフォーム