1. ホーム
  2. サービス&プロダクト
  3. Be.Cloud
  4. 課題解決:構造改革
 

スマートデバイスを販売支援ツールとして活用したい

業務課題の背景

  • スマートデバイスから社内システムを利用できないため、活用されていない
  • シンクライアントを通してアクセスしているため、操作がしづらく情報アクセスに時間がかかる
  • 利用者ごと、デバイスごとのセキュリティ対策ができていない

ポイント

  • いつでも、どこでも業務に必要な社内情報に簡単にアクセスできる入り口を用意する
  • 必要な情報をわかりやすく提供できるインターフェースである
  • 社内の各システムの認証を統合することで、アカウントやデバイスの管理をしやすくする

ユニリタからの提案

ユニリタが提案するBe.Cloudの情報活用基盤では、スマートデバイスからクラウドや社内システムへの接続をセキュアに提供します。販売業務に関係するさまざまなシステムと連携し、必要な情報を集約できるため、素早いアクセスにより生産性の向上につながります。シングルサインオン(SSO)やモバイルデバイス管理(MDM)の仕組みと組み合わせることで、よりセキュリティを高く保つことができます。

メリット・効果

  • ワークスタイルが変わることで行動がスピーディになり、訪問件数の増加が見込めます
  • 認証やACLの機能により、自社だけでなく代理店や販売店にも展開が可能です
  • 各利用者やデバイスに合った情報だけをポータルに集約・一覧できるため、セキュリティを確保できます

課題解決のコアとなるプロダクトやサービス

全社横断のスピーディーな情報共有を実現したい

業務課題の背景

  • 経営層の考えを一般社員に伝えられるコミュニケーション基盤を作らなければならない
  • 同じ部署またはプロジェクトメンバー間で情報が共有されておらず、仕事が効率的に進まない
  • 情報の発信者が利用するコミュニケーションツールがバラバラであるため、一元化したい
  • 情報が多すぎて欲しい情報をすぐに見つけられない、または重要な情報を見逃してしまう

ポイント

  • 情報発信者は従来のコミュニケーションツールを変えることなく発信できる
  • 部署・チームを超えたメンバーにも情報を簡単に共有できる
  • 利用者はひとつのインターフェースで自分に必要な情報にすばやくアクセスできる

ユニリタからの提案

ユニリタが提案するBe.Cloudの企業情報ポータルサービスでは、国産のエンタープライズ向け情報ポータル「infoScoop」を利用して情報共有に関するお客様の課題を解決します。既存の掲示版やブログなどのシステムと連携しポータルに配置することで、多対多の情報共有もスムーズに行えます。ポータル画面は個人のワークスタイルに合わせてカスタマイズが可能なため、膨大な情報の中から必要な情報のみを配置することで、情報へ素早くアクセスすることができます。また、地図などを利用した従来にはないUIで情報を活用できます。

メリット・効果

  • 全社横断の情報共有により、社内のコミュニケーションの活性化が見込まれます
  • 情報へ素早くアクセスできるため、情報を取得するまでの時間が短縮化されます
  • ポータル画面を個人のワークスタイルに最適化することにより、利用者は業務に必要な情報のみに集中できます
  • 情報の発信者と受信者間の情報乖離を減らせるため、余計な確認作業や打ち合わせを減らせます

課題解決のコアとなるプロダクトやサービス

まずはお気軽にお問い合わせください。

どのサービスが一番適しているの?課題がまだまとまっていない。。。 こういう事例はある? 見積もりだけでもいい?

  • 東京本社 03-5463-6381
  • 名古屋事業部 052-561-6808
  • 大阪事業部 06-6245-4595
  • 福岡事業部 092-437-3200

※受付時間:平日9:00~17:30

お問い合わせフォーム