1. ホーム
  2. サービス&プロダクト
  3. Notes/Office365 マイグレーション

Notes/Office365 マイグレーション

Notes/Office365移行

Notes/Office365 マイグレーション

めまぐるしく変化するIT技術に合わせて、企業の情報基盤は時代に即した検討を常に行う必要に迫られています。Notesをはじめとする膨大な既存基盤を抱えて「維持」か「刷新」かの選択を強く求められていますが、刷新を選択したとき問題となるのが「コスト」と「期間」です。

Notes/Office365マイグレーション はこんな課題を解決します!

  1. Notesの保守費や老朽化したインフラを見直したい
  2. Notesを移行したいが、現状把握だけでも大変。どこから手をつければ良いか分からない
  3. なるべく低予算・短期間でNotes環境を移行したい
  4. Notes基盤を移行するのに、費用がいくらかかるのか知りたい

Notes環境を調査し、移行にかかる難易度とコストを算出する

関連するサービス&プロダクト

  • Notes/Office 365<br />マイグレーション

    Notes/Office 365
    マイグレーション

    掲示版から、ビジネスロジックやワークフローが組み込まれた複雑なデータベースまで、既存の Notes 資産をマイクロソフトプラットフォーム(オンプレミス、 クラウド、ハイブリッド問わずいずれか)環境へ移行することができます。既存の Notes 資産のアセスメントを実施し、最適な移行方法のご提案はもとより、計画の立案、移行、運用、保守まで一貫してご支援します。

  • 情報活用の側面からワークスタイルの変革を支援する infoScoop

    情報活用の側面からワークスタイルの変革を支援する infoScoop

    infoScoopは、「情報洪水からの脱却」 「情報へのスピーディなアクセス」を目的として開発した企業向け情報ポータル(EIP)です。
    最新のinfoScoop Cloud Enterprise V4では、スマートデバイスにおける機能性と利便性をさらに高め、エンタープライズレベルの運用、管理を想定したセキュリティ機能の強化を図り、いつでもどこでも安全に必要な情報へ素早くアクセスできます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

どのサービスが一番適しているの?課題がまだまとまっていない。。。 こういう事例はある? 見積もりだけでもいい?

  • 東京本社 03-5463-6381
  • 名古屋事業所 052-561-6808

※受付時間:平日9:00~17:30

お問い合わせフォーム