業務要件定義

business_requirements_definition

業務要件定義・テストの品質を飛躍的に向上させ、プロジェクトの品質・コスト・納期を改善

要件定義の品質がシステム構築プロジェクトの成否を決めます。しかし、新規に導入された際のドキュメントは陳腐化し、業務ユーザがどのような業務の流れの中でシステムを利用しているかもわからなくなっている場合がほとんどです。

この課題を解決するためには、業務プロセスを中心に経営戦略から業務プロセスをサポートするIT機能を統合的にモデル化する必要があります。業務の視点、ITの視点でレビューを繰り返し、整合性があり抜け漏れのない業務要件を定義することが重要です。

業務要件定義に関する課題を解決します

  1. システム開発プロジェクトの多くが失敗。結果、納期遅延・予算超過・品質不満を起こしている
  2. 品質、コスト、納期の問題は認識しているが、改善策が打てていない
  3. 要件定義書は事業部門が作成した方が良いと認識しているが、具体的にIT部門は何を支援し、事業部門は何を記載すれば良いかが分からない

関連するサービス&プロダクト

  • 業務要件定義支援ソリューション | BiRDSS

    業務要件定義支援ソリューション | BiRDSS

    業務要件定義支援ソリューション「BiRDSS」は、業務とシステム機能の利用状況を具体的に可視化する手法を提供し、要件の縦横のトレーサビリティを担保し、要件定義・テスト工程の品質を飛躍的に向上させ、コストの増大、納期遅延を抑止します。

  • BPM(ビジネスプロセスマネジメント)ツール | ARIS

    BPM(ビジネスプロセスマネジメント)ツール | ARIS

    企業内の戦略・プロセス・ITの整合性を取りながら、 継続的な改善を進めるには、企業資産をより効果的に可視化、分析、共有する必要があります。ARISプラットフォームは、その実現のための方法論(メソッド)と基盤(機能群)を提供します。