ITサービスマネジメントにおけるプロセス改革(BPR)

デジタルビジネスの成功には、システム運営のパフォーマンス向上が不可欠

デジタルビジネスは、競争力を高めるための製品品質やサービス品質のスピーディーな改善と、運営の効率化による利益拡大を進め、ビジネスの高付加価値化を実現することが求められます。

しかし、 ITがビジネスと融合しているデジタルビジネスでは、事業が順調に成長すればするほどシステム運営の負荷が急速に増大し、課題も大きくなります。また、システム規模はみるみる拡大し、同時に複雑化も進みます。結果として業務が細分化され、部分最適で有効性の低い業務が増え、全体で見ると効率の低下が起こります。

デジタルビジネスにおけるシステム運営の課題

  1. 課題1

    オペレーションや管理業務の増加に人手が追い付かない

  2. 課題2

    同じようなトラブルが繰り返し発生し、機会損失が起こる

  3. 課題3

    日々増加するIT資産の管理が大変、かつ、情報が古くなっている

  4. 課題4

    適切なITコストやサービスレベルになっているかどうかを判断できない

  5. 課題5

    コンテンツ担当とシステム担当の役割分担がうまくいかない

プロセス改革により、システム運営のパフォーマンスを向上させる

上記の課題は、業務プロセスの改革(BPR)で解決することができます。担当者によって品質にばらつきがある、ミスや漏れの多い、非効率なシステム運営から、整流化・標準化・効率化された正しいシステム運営へと、業務の流れを根本的に見直します。

業務プロセスとは:製品販売やサービス提供など、企業の目的を達成するために行われる一連の業務活動のこと。業務の目的・目標、業務の処理方法(作業の流れ、前後の工程、ルール、判断基準、インプット、アウトプット)、設備(情報システム、各種ツール、機械)、人(担当者、組織、部署、権限)などで構成される。

プロセス改革とは:業務プロセスが最適となるよう、作業の流れや役割分担、利用システムを組織横断で抜本的に見直し、再構築すること。

プロセス改革のイメージ

ITサービスマネジメントのベストプラクティスを活用し、システム運営のプロセス改革を成功させる

デジタルビジネスのシステム運営パフォーマンスを向上させるには、ITサービスマネジメントのフレームワークを取り入れたプロセス改革が有効です。

ITサービスマネジメントのベストプラクティスである「ITIL®」に関する豊富な知見とプロセス改革の成功ノウハウを組み合わせることで、非効率で有効性の低いシステム運営から脱却し、デジタルビジネスの成長と拡大を支える俊敏性と柔軟性、効率性を実現します。

  • ITサービスマネジメントとは:ビジネスのニーズに合致したITサービスを効率よく提供および管理する活動
  • ITIL®とは:ITサービスマネジメント実践のベストプラクティスを体系化した書籍群
    用語集はコチラ

関連サービス&プロダクト

ITILプロセスに基づいたサービスデスク | LMIS on cloud

ITILプロセスに基づいたサービスデスク | LMIS on cloud

ITサービスマネジメントツール「LMIS on cloud」は、クラウド上でインシデント管理や変更管理、構成管理を実現することができます。

ITサービスマネジメント 実践シミュレーション

ITサービスマネジメント 実践シミュレーション

3ラウンドのシミュレーションを通して、ITサービスの品質向上におけるインシデント管理や問題管理、ナレッジ管理、構成管理、サービスレベル管理、ITサービス財務管理の有効性を学習します。

 

関連リンク

ITIL®ファンデーション 資格対策講座

ITIL®ファンデーション 資格対策講座外部ウィンドウを開く

サービスマネジメントに関わる全ての方にとって取得必須の資格

まずはお気軽にお問い合わせください。

どのサービスが一番適しているの?課題がまだまとまっていない。。。 こういう事例はある? 見積もりだけでもいい?

  • 東京本社 03-5463-6381
  • 名古屋事業所 052-561-6808

※受付時間:平日9:00~17:30

お問い合わせフォーム