LMIS on cloud は ITILプロセスに準拠 イベント管理

イベント管理

あらゆるITサービス、構成アイテム、またはモニタリング・ツールで生成されるアラートまたは通知を管理、IT運用の要員に処置を行うよう要請することができます。

手作業の登録だけでなく、様々な外部システムと柔軟に連携することで、入力作業を自動化し、作業工数を大幅に削減することが可能です。

ITサービスオペレーションを構成するプロセスへ情報を提供している為、重要なプロセスとなります。

イベント管理の機能と特徴は、以下の通りです。

  • 問い合わせ顧客情報、内容の登録
  • 外部システム、運用管理ツールとの連携による自動登録
  • インシデント発行(インシデント管理への切り替え):問い合わせ内容が障害やQ&Aの場合に利用
  • 変更要求(変更管理への切り替え):問い合わせ内容が変更などの依頼事項の場合に利用

■イベント管理(編集画面)

  • 赤いラインが入っている項目が必須項目となります。
    件名、イベントカテゴリ(情報、警告、異常)を入力します。その他の情報は任意で入力してください。
  • ルックアップボタンにて、他の登録内容を関連付けて登録させる事が出来ます。

ルックアップボタンとは

他オブジェクトに登録されている内容を検索する為のボタンになります。

[画像のクリックで拡大表示]

■イベント管理(参照画面)

  • 内容を編集したい場合は編集ボタンを押して下さい。
  • イベントを確認し、内容に問題が無ければ、確認済みボタンを押す事で内容をクローズする事が出来ます。
  • イベントのレコード内容によってエスカレーションする必要がある場合は、インシデント登録ボタンを押す事でインシデントの起票を行う事が出来ます。
  • イベントに関連付いている登録内容を参照したい場合は、関連情報ボタンを押して下さい。

レコードとは

LMIS on cloudに登録する情報の単位の事。各レコードには固有の管理番号が割り振られます。

[画像のクリックで拡大表示]

■エスカレーション

  • 新しい事象等が発生し、同プロセスにて対応が難しくなった場合、エスカレーションを行う事で別プロセスにて対応、管理を実施し、ITサービスの解決を図ります。
  • エスカレーションした内容については、関連している内容として、関連リストに登録されます。
  • 他プロセスへエスカレーションが行えるプロセスは、イベント管理、インシデント管理、問題管理、変更管理となります。

[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

LMIS on cloudを体験!

「LMIS on cloud」の使いやすさをオンラインデモサイトで体感してください!

オンラインデモはこちら ❐

関連サービス&プロダクト

ITSMお役立ち資料ダウンロード

ITSMお役立ち資料ダウンロード

・ホワイトペーパ1:ITを活用した将来像と求められるビジネス貢献とは何か

・ホワイトぺーパ2:忙しすぎるIT部門の処方箋

・これでLMIS on cloudの機能が丸解り:「解説!LMIS on cloud」

・eBook1:失敗しない変更・リリース管理 5つの鉄則

・eBook2:組織を改善する“サービス”デスクを構築するための3ステップ

 

LMIS on cloud 無料体験版

LMIS on cloud 無料体験版

LMIS on cloudの機能を無料でご体験下さい!

無料体験版は、LMIS on cloudを無料でお気軽にご利用いただくための体験ツールです。
インシデント管理や問題管理などの確認や、レポート・ダッシュボードによる現状把握・データ分析など、サービスデスク支援に役立つ様々な機能を実際にご利用いただけます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

どのサービスが一番適しているの?課題がまだまとまっていない。。。 こういう事例はある? 見積もりだけでもいい?

  • 東京本社 03-5463-6381
  • 名古屋事業所 052-561-6808

※受付時間:平日9:00~17:30

お問い合わせフォーム