構成管理ソリューション

課題:IT部門の対応力を低下させる要因

システム障害やエンドユーザからの問い合わせに対して、いかに迅速に対応・解決できるかがIT部門の重要な役割となります。この対応力を向上させるためには「構成管理」が必要不可欠になります。

システム運用の現場で以下の様な“悩み”はございませんか?

  • 障害発生時、システム構成を調べることから始めるため、初動が遅くなってしまう
  • 提供するサービスの利用者数や利用額、SLAといった情報がまとまっておらず、障害発生時に重大性の度合いが正しく判断できない
  • システム変更による影響範囲が正しく把握できておらず、思わぬ障害を引き起こしてしまう
  • システムの変更履歴とシステムの情報が紐づいておらず、誰がいつ、何のために変更したかわからない
  • システム構成の情報を最新状態に維持するための時間が割けない

上記は「構成管理」が実施できていないことに起因しているかもしれません。ユニリタでは、これらの課題を解決するための「構成管理ソリューション」を提供します。

解決:構成管理ソリューション

関連情報の表示

  • システム構成を俯瞰できるようにすることで、障害発生時やシステム変更による影響範囲を正しく把握することができます
「LMIS on cloud」では、関連する構成情報同士を自動または手動で関連づけできるだけなく、レコード間の関連性を関連情報エクスプローラで俯瞰的に把握することができます。障害発生時などの影響範囲を直観的に把握することが可能です。

情報の一元管理

  • 構成管理情報を一つのリポジトリに集約し、常に最新に保つことで、管理台帳の棚卸し工数の削減だけでなく、管理情報の信頼性や可用性を向上することができます
紙やExcelベースで構成情報を管理していると、情報の分散や、情報が正しく更新されないという問題が発生します。「LMIS on cloud」では、資産管理ツールなどから出力されたCSVファイルを自動で取り込み、構成情報レコードを自動登録することが可能です。情報を一元管理することで、管理台帳の棚卸し工数の削減、検索製の向上、レポートによる分析力の向上が行えます。

構成情報の変更申請

  • 構成情報を変更する際、作業者が申請を行い、管理者が承認、作業者が申請内容に基づき作業を実施、作業結果を記載することで、申請から作業完了までの履歴をワークフロー上で正しく管理することができます。これにより、不正なシステム変更の抑制や誰がどういった目的で変更したのかを必要に応じて調査することができます
構成情報だけを管理していても更新の手続きが定型化していないと情報の信頼性は失われます。「LMIS on cloud」では、変更管理プロセスやリリース管理プロセスを通して、システム変更作業をワークフローで制御することが可能です。申請を通して構成情報の追加・変更・破棄を行うことで、不正な変更作業の抑制や変更した経緯の確認を容易に行うことができます。

関連事例

日通情報システム株式会社様

日通情報システム株式会社様

セキュリティインシデントをトリガーに、チームを越えた構成管理情報の情報共有を実現!

関連サービス&プロダクト

ITSMお役立ち資料ダウンロード

ITSMお役立ち資料ダウンロード

・ホワイトペーパ1:ITを活用した将来像と求められるビジネス貢献とは何か
・ホワイトぺーパ2:忙しすぎるIT部門の処方箋
・これでLMIS on cloudの機能が丸解り:「解説!LMIS on cloud」
・eBook1:失敗しない変更・リリース管理 5つの鉄則
・eBook2:組織を改善する“サービス”デスクを構築するための3ステップ
・eBook3:3ステップで変わる! ビジネスの主役を担うIT部門へ

LMIS on cloud 無料体験版

LMIS on cloud 無料体験版

LMIS on cloudの機能を無料でご体験下さい!

無料体験版は、LMIS on cloudを無料でお気軽にご利用いただくための体験ツールです。
インシデント管理や問題管理などの確認や、レポート・ダッシュボードによる現状把握・データ分析など、サービスデスク支援に役立つ様々な機能を実際にご利用いただけます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

どのサービスが一番適しているの?課題がまだまとまっていない。。。 こういう事例はある? 見積もりだけでもいい?

  • 東京本社 03-5463-6381
  • 名古屋事業所 052-561-6808

※受付時間:平日9:00~17:30

お問い合わせフォーム