構成管理ソリューション

課題:構成管理

企業では、セキュリティ対策や内部統制の強化、コスト削減など、対策すべき課題が多くありますが、これらの課題を解決するためには「IT資産管理」が重要になってきます。

IT資産管理では、現在保有しているサーバやソフトウェアを正確に把握した上で、ソフトウェアライセンスの把握、セキュリティ、情報漏えい対策、資産管理台帳作成の工数削減などが必要になってきます。特にソフトウェアの違法コピーは、多額の損害賠償を請求されるだけでなく、社会的信用を失うことにも繋がるため、「IT資産管理」は非常に重要と言えます。

「IT資産管理」に関して、以下の様な課題はございませんか?

  • ハードウェアやソフトウェアの利用状況が把握できていない
  • ライセンスの不正利用がないか調査したい
  • ライセンスの保守、契約期間の管理ができていない
  • 資産管理台帳が複数あり、どれが最新のものか分からない
  • 紙やExcelベースの台帳で資産を管理している

ユニリタは、これらの課題を解決するためのソリューションを提供します。

解決:構成管理ソリューション

IT資産の利用申請

  • IT資産を利用する際、利用者から申請を行い、管理者が承認することで貸出を行い、不正利用や誰が利用しているか分からない状況を防ぎます。

ライセンス管理

  • IT資産管理ツールから収集した情報と、登録された契約情報の突合せにより、ライセンス違反が存在していないかをチェックします。
ライセンス管理では、社内で利用されているソフトウェアが使用許諾契約書通りに使用されているかを管理します。資産管理ツールより収集した情報と、契約書の内容を突き合わせることによって、ライセンス違反や余剰ライセンスの有無を確認します。また、サポート期間を管理することにより、ライセンスの予実管理も実施することができます。

契約期間の管理

  • ハードウェアやソフトウェアの契約期間を管理し、期限前に管理者へメール通知したり、レポートを配信することで、保守切れ、EOS(エンド・オブ・サポート)対策を行えます。
ハードウェアやソフトウェアのサポート期間を過ぎたまま使用してしまうと、契約金や予算外の支払いが発生する可能性があります。事前に担当者へのメール通知や、サポート期限が近付いている構成情報のレポート出力により、このような事態の発生を未然に防ぎます。

情報の一元管理

  • 資産管理情報を常に最新に保ち、管理台帳の棚卸し工数の削減、検索性の向上、レポートによる分析力の向上が行えます
紙やExcelベースで資産情報を管理していると、情報の分散や、情報が正しく更新されないということが起きます。「LMIS on cloud」では、資産管理ツールでは、資産仮ツールから出力されたCSVファイルを自動で取り込み、レコードを自動登録することが可能です。情報を一元管理することで、管理台帳の棚卸し工数の削減、検索製の向上、レポートによる分析力の向上が行えます。

関連情報の表示

  • 構成情報に関連した内容を俯瞰的に把握することができるため、変更による影響範囲を直観的に把握することができます。
「LMIS on cloud」では、関連するレコードを自動または手動でリンクを貼れるだけなく、レコード間の関連性を関連情報エクスプローラで俯瞰的に把握することができます。インシデントが発生した際、影響範囲を確認することが可能です。

導入効果

LMIS on cloudを体験!

「LMIS on cloud」の使いやすさをオンラインデモサイトで体感してください!

オンラインデモはこちら ❐

関連事例

川澄化学工業株式会社様

川澄化学工業株式会社様

リーンスタートアップの考え方でLMIS on cloudをスピード導入

関連サービス&プロダクト

ITSMお役立ち資料ダウンロード

ITSMお役立ち資料ダウンロード

・ホワイトペーパ1:ITを活用した将来像と求められるビジネス貢献とは何か

・ホワイトぺーパ2:忙しすぎるIT部門の処方箋

・これでLMIS on cloudの機能が丸解り:「解説!LMIS on cloud」

・eBook1:失敗しない変更・リリース管理 5つの鉄則

・eBook2:組織を改善する“サービス”デスクを構築するための3ステップ

 

LMIS on cloud 無料体験版

LMIS on cloud 無料体験版

LMIS on cloudの機能を無料でご体験下さい!

無料体験版は、LMIS on cloudを無料でお気軽にご利用いただくための体験ツールです。
インシデント管理や問題管理などの確認や、レポート・ダッシュボードによる現状把握・データ分析など、サービスデスク支援に役立つ様々な機能を実際にご利用いただけます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

どのサービスが一番適しているの?課題がまだまとまっていない。。。 こういう事例はある? 見積もりだけでもいい?

  • 東京本社 03-5463-6381
  • 名古屋事業所 052-561-6808

※受付時間:平日9:00~17:30

お問い合わせフォーム