ベンダー管理ソリューション

課題:ベンダー管理

クラウドの普及により、社内システムの管理・保守を外部の複数のベンダーに依頼するケースが増えています。この状況に伴い、外部の複数ベンダーを上手くコントロールしていかなければならないという課題も出始めています。しかし、ベンダーは各システムを管理するための仕組みを個別に持っているため、複数のベンダーへ委託する場合、ベンダー毎に異なる管理となってしまいます。

その結果、以下の様な課題の対応に多くのリソースを割かれてしまい、担当者は業務改革やIT戦略立案といった本来行うべき業務ができず、業績の向上に貢献できないのが現状となって言います。

  • ベンダーごとに報告方法やフォーマットが異なっており、管理が煩雑になっている
  • 依頼内容がうまく伝わらず、手戻りが発生している
  • 報告が週次や月次単位となっているため、タイムリーな状況が把握できない
  • ベンダー側の作業内容がブラックボックス化されていて、自社でコントロールできていない
  • ベンダーごとの対応時間などを分析し、正しく評価を行いたいが、管理が統一できていないため評価できていない

ユニリタは、これらの課題を解決するためのソリューションを提供します。

解決:ベンダー管理ソリューション

共通フォーマットを利用した分析

  • 全てのベンダーとのやりとりを同じツールで一元管理すれば、作業依頼や作業報告をタイムリーに行うことができます。
    また、業務の効率化と管理コストの削減にも繋がります。ベンダーが共通フォーマットで報告することで、
    ベンダーごとのパフォーマンス測定も行うことができ、妥当性の評価、評価軸が標準化できます。

作業依頼のワークフロー化

  • 作業依頼や作業内容の承認もワークフロー上で行うことができます。また、履歴も残すことができるため、
    内部統制の強化にも役立ちます。

作業内容の可視化

  • 「LMIS on cloud」上で作業内容、結果をベンダーと共有することでブラックボックス化を解消することができます。
    ベンダーロックインを防ぐ効果も期待できます。
LMIS on cloudを体験!

「LMIS on cloud」の使いやすさをオンラインデモサイトで体感してください!

オンラインデモはこちら ❐

関連事例

三井不動産リアルティ株式会社様

三井不動産リアルティ株式会社様

インシデント管理をクラウドサービスへ移行した理由

東宝株式会社様

東宝株式会社様

「LMIS on cloud」でコストを削減、インシデント対応時間の短縮とIT保守業務のサービスレベル向上を目指す

関連サービス&プロダクト

ITSMお役立ち資料ダウンロード

ITSMお役立ち資料ダウンロード

・ホワイトペーパ1:ITを活用した将来像と求められるビジネス貢献とは何か

・ホワイトぺーパ2:忙しすぎるIT部門の処方箋

・これでLMIS on cloudの機能が丸解り:「解説!LMIS on cloud」

・eBook1:失敗しない変更・リリース管理 5つの鉄則

・eBook2:組織を改善する“サービス”デスクを構築するための3ステップ

 

LMIS on cloud 無料体験版

LMIS on cloud 無料体験版

LMIS on cloudの機能を無料でご体験下さい!

無料体験版は、LMIS on cloudを無料でお気軽にご利用いただくための体験ツールです。
インシデント管理や問題管理などの確認や、レポート・ダッシュボードによる現状把握・データ分析など、サービスデスク支援に役立つ様々な機能を実際にご利用いただけます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

どのサービスが一番適しているの?課題がまだまとまっていない。。。 こういう事例はある? 見積もりだけでもいい?

  • 東京本社 03-5463-6381
  • 名古屋事業所 052-561-6808

※受付時間:平日9:00~17:30

お問い合わせフォーム