1. ホーム
  2. サービス&プロダクト
  3. 大容量データ高速転送

大容量データ高速転送

大容量データ高速転送

大容量データ高速転送

グローバル化、クラウド利用の普及にともない、企業が行うデータ転送は近距離の本社-事業所間だけでなく、海外拠点、クラウドなど複雑かつ遠距離となっています。また、ITの進化、データの活用が進むことで扱うデータ量の増加、大容量化が進んでいます。このような環境のなかで、企業はより高速で安全・確実なデータ転送が必要となっています。

「大容量データ高速転送」に関するこんな課題を解決します

  1. 課題1

    オンプレミス-クラウド間、クラウド同士で大容量データの転送をしたいが時間がかかる。

  2. 課題2

    運用上、夜間など業務時間外しか大容量データの転送ができない。

  3. 課題3

    海外拠点とデータの受け渡しをしたいが、海外の回線が遅く、失敗や遅延が発生している。

  4. 課題4

    大容量データは分割して転送しているため、工数がかかる。

  5. 課題5

    機密データを受け渡ししたいが、セキュリティが心配。

関連するサービス&プロダクト

関連リンク

データ連携と統合を科学するブログ

データ連携と統合を科学するブログ外部ウィンドウを開く

本ブログは、「Waha! Transformer(ETLツール)」開発チームのメンバーが、日々のソフトウェア開発や、お客様のデータ加工やデータ連携などの業務支援を通じ、知り得たデータ活用事情や長年に渡り培ってきたノウハウ、テクニックなど、業務遂行に役立つ、知って得するお得な情報をお伝えしていきます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

どのサービスが一番適しているの?課題がまだまとまっていない。。。 こういう事例はある? 見積もりだけでもいい?

  • 東京本社 03-5463-6381
  • 名古屋事業所 052-561-6808

※受付時間:平日9:00~17:30

お問い合わせフォーム