「人事・総務・経理部」から始める働き方改革

企業において、「働きやすい環境」を提供することができるのは
「人事・総務・経理部」と言われています。

そんな「人事・総務・経理部」の生産性が低いままでは「働き方改革」は成功しません。
従業員全員の働き方を左右する部門である「人事・総務・経理部」から業務改革を始めましょう。
「人事・総務・経理部」が生産性向上の成功体験を得ることが
全社的な「働き方改革」の成功のカギとなります。

「人事・総務・経理部」から始める
働き方改革3つのステップ

01
業務量定点観測
STEP 1 見直しSTEP 3 展開

「人事・総務・経理部」の働き方改革は“業務の棚卸し”から

業務量定点観測

業務改革には継続的な業務の現状把握が必要不可欠です

業務改革の実現を支援する“手段”を選定することはとても重要ですが、理想の働き方を追求するためには、まず現状をただしく理解する必要があります。現状業務と業務量を把握することで、業務改革のポイントが明確になります。また、業務改革は一度実施して完了ではありません。継続的に“人材”と“業務”をセットで考えることで、中長期的な人材戦略上の課題を導き出します。

02
通勤費精算管理
STEP 2 刷新

「通勤経路の判断や払戻計算の悩み」
らくらく操作で業務負担を大幅軽減!

通勤費精算管理

その「通勤交通費管理」適切ですか?

通勤経路の判断は実務担当者の経験や勘に頼った運用になりやすく、属人化や公平性の欠如、過剰支給や不正支給のリスクを引き起こす要因ともなります。
2019年には消費税増税も控えている今、通勤交通費管理に関するさまざまな課題を解決し、業務効率化とコスト削減を実現するソリューションを提供しています。

03
勤怠・給与明細効率化
STEP 2 刷新

勤務表の集計や36協定の管理用資料作成で
残業していませんか?

勤怠・給与明細効率化

「働き方改革」のための最強クラウド勤怠管理

近年、「働き方改革」「長時間労働」など企業を取り巻く労働環境は刻々と変化を求められています。労働時間は、単に1日何時間働いたかを把握するのではなく、労働日ごとに始業時間と終業時間を確認・記録し、これを基に何時間働いたかを把握・確定する必要があります。流動人材の管理をメインにした多種多様な勤怠管理サービスの提供実績と豊富なノウハウにより強力にサポートします。

04
ストレスチェック
STEP 2 刷新

ストレスチェック制度にストレスがかかっていませんか?

ストレスチェック

義務化されたストレスチェック制度

2015年12月に毎年1回ストレスチェックを実施することが義務付けされました。ストレスチェック実施までの計画・準備にあたって、カスタマイズ可能な各種必要書類のテンプレートや、インターネットと紙による受検の併用にも対応しており、紙の受検結果のデータ化までワンストップでご利用いただけます。お客様の作業工数をいかに少なくし、受検率を上げて、なおかつ、低コストで実現します。

05
HR向け情報統合
STEP 2 刷新STEP 3 展開

生産性向上は情報統合から始めましょう

HR向け情報統合

「人事・総務・経理部」の働き方改革できてますか?

最近よく耳にする「働き方改革」ですが、人事・総務・経理部では進んでいるでしょうか。散在している情報やデータを一元管理し、素早くアクセスすることで人事・総務・経理部の生産性を向上するができます。例えば、複数あるワークフローや社内システムを1つの画面に集約し、どこからでもアクセスできれば業務効率はどれだけ上がるでしょうか。生産性向上は情報統合から始めま始めてみませんか?