1. ホーム
  2. UNIRITA Smart Formation Service ~攻めと守りのIT戦略を支援する~

UNIRITA Smart Formation Service ~攻めと守りのIT戦略を支援する~

ユニリタ スマートフォーメションサービス

 自社のビジネスを取り巻く環境が、競争の激しいレッドオーシャンになりつつあると感じている経営者は、継続的な差異化を求めてビジネスモデルのデジタル変革に取り組もうとしています。このような企業は、「新しいビジネスモデルのリーンスタートアップ」への挑戦と、「既存のエンタープライズアーキテクチャー(組織、制度、プロセス、データ、システム、インフラなどの構造)の継続的な最適化」という、時間軸の異なる2つの変革を、整合性を取りながら両立する必要があります。ユニリタのスマートフォーメションサービスは、このような事業変革を実現するための「攻めのIT」と業務の効率化や省力化を目的とする「守りのIT」の双方を支援するデジタル変革時代のサービスコンセプトです。

 

コンセプトと全体像 | 攻めと守りのバランス | 継続的な学習サイクル | Small Start & Quick Win | 資料・事例

 当社は、業務システム運用の重要性を知る情報システム部門が、攻めと守りのITの両方を支えることがベストと考えます。それは、デジタル変革の初期段階の課題として、ビジネス部門や事業部門が、直接外部ベンダーと協業しビジネスITを推進した場合、多くのリスクが想定されるからです。ビジネス部門や事業部門が展開するITは、顧客との接点が非常に密であるため、個人情報の取り扱いや、組織として守るべき情報、セキュリティの考え方、セキュリティポリシーの理解と技術面での対策などについて、十分な考慮やコントロールがなされないままサービスが展開されています。また、ビジネスへの貢献度合やROIについては十分検討されますが、導入の実現性やベンダーのプロジェクト管理能力、既存システムとの接続に必要な技術的な観点などは、欠如している場合が多いようです。
 コントロールを取り戻すため、デジタル変革に全社規模で挑もうとする企業では、攻めと守りをどのような役割分担で連携させるのが自社にマッチしているのか試行錯誤しながら、情報システム部門という組織の分解・再構築に着手しています。この中長期的な変革の遂行にあたっては、エンタープライズアーキテクチャーの管理やサービスマネジメント、ITILフレームワークに沿った継続的な改善サイクルなどが欠かせません。これらは、ユニリタが得意とする領域であり、お客様と共に攻めのITの分野に挑んでいます。企業の情報システム部門に寄り添い、攻めのITを早期に支えられるようになるまでの変革プロセスを支援し、そのための方法論やプラットフォームのご提供を主軸と捉えています。

図:Smart Formation Sevice のコンセプト

 攻めと守りのITは互いに成熟度を合わせながら進化させていくバランスが重要です。例えば、ある事業部のサービスにAIを活用した自動化が進むと、このサービスに連携する基幹システムのサービスレベルやセキュリティレベルも、同等の成熟度に追いついていないと必ず問題が起こります。逆に、基幹システム側ばかりがクラウド化され、最先端のアーキテクチャーに刷新されたとしても、これを利用する攻めのビジネスモデルが構築されていないのであれば過剰投資とも見られかねません。
 ユニリタでは、攻めのテーマと守りのテーマごとにお客様のデジタル成熟度に応じたサービスメニューをご提案しています。デジタル成熟度を向上させていく過程において、攻めと守りのバランスを取りながら組み合わせてご利用いただくことを意図しています。まず、攻めのテーマ向けには、リーンスタートアップやDevOpsを実現するために必要となる方法論とプラットフォームを、そして守りのテーマでは、攻めのITを支えるために将来の基幹システムのアーキテクチャーがどうあるべきか?その開発手法や運用手法がどう変わっていくべきか?といった観点から方法論やサービスメニューをご紹介しています。

図:攻めと守りの成熟度に応じたサービスメニュー

攻めのテーマでは、Design、Build、Operation、Learnという4つのフェーズからなるサイクルを軸に
▶Design:新たなビジネスモデルを創出するサービスデザイン技法、プロセス設計手法、システム要件定義など
▶Build:Cloudでスモールスタート・クイックウィンを実現するマイクロサービス、API、ポータル技術と、高速開発基盤やRPAなど
▶Operation:実行されたサービスのモニタリング、インシデント管理、変更管理など
▶Learn:蓄積されたデータの解析技術、機械学習、AIなど
を提供します。2つのテーマ間に配置されているのは、攻めと守りの間を取り持つ技術要素になります。クラウド基盤やAPI Proxy は、情報量のピークや伸び率を予測しにくい攻めの領域から、サイジングの固定された守りの領域への情報の流れを制御する役割を果たします。攻めにも守りにも運用と学習は必要です。また、AIも双方に活用される技術です。

 市場のニーズが高く、かつ優れたサービスであれば、他社からの追随もされやすいものです。競争優位性を長期に保ち、次の優れたサービスを生み出すリソースを生み出すためにも、継続的な学習サイクルが回っていなければ、勝ち続けることができません。ユニリタでは、サービスを企画・設計する段階において、「情報流通」、「アクション」、継続的な学習」という3つの要件を予め作り込むこととしています。プロセスが回れば、必ずそこに知見が生まれます。知見とは、ビジネス環境やビジネスモデルによって異なる業務上のルール(ベストプラクティス)です。単なるプロセスを学習サイクルとするため、得られた知見を蓄積、データ解析やAIによってモデル化(抽象化)したものを「学習モデル」と呼びます。この「学習モデル」を可視化しながらプロセスを回すことが、学習サイクルを高速化するためのポイントになります。

図:継続的な学習サイクルの確立

 ここまで、攻めと守りのITのバランスや、継続して学習していくサイクルの重要性について説明をしました。国内においても、最新のデジタル技術を活用し、新規・既存ビジネスの変革に向けた取り組み事例を多く見るようになってきました。一方で、製造業、金融業、サービス業などこれまでもITをビジネス活用してきた業界の事例は多く見るものの、その他の業界では、まだ検討さえ始まっていない企業もあるようです。ユニリタは、業種や業界を問わず、最新のデジタル技術が活用できるよう「スモールスタート&クイックウィン」で始めることができることを念頭に置いています。
 まず、デジタル変革に取り組むためには、いくつかの専門性が必要になります。具体的には、お客様が持つ専門性として、事業の専門性とそれらに関連するデータがあります。データには個人情報や業務ログなど内部に蓄積されたデータと、地図や気候などのパブリックなデータがあります。一方、ユニリタは、お客様の事業の専門性とデータを活用するためのITリソースを持ち合わせています。また、ソフトウェアの開発技術や、システム運用ノウハウの専門性も提供できます。これらの4つの専門性に、第3のプラットフォームと言われるクラウドやSNSなどを基盤としたデジタルプラットフォームと、AIやドローン、AR、VRに代表される最新のデジタル技術を組み合わせ、お客様の既存のビジネスの課題解決や、全く新しいビジネスを創造する機会を共創しています。

図:お客様との共創でビジネスを創造する

 ”スマート”という言葉には、クレバーに、速く、効果的に、経済的になどのイメージがあります。「攻めと守りの両立」と「継続的な学習サイクルの確立」、そして「お客さまとの共創」、により、お客様がデジタル変革のプロセスをスマートに実現され、回していただけることを目標に、ユニリタグループ全てのリソースを提供しつつ、新たなサービスメニューの拡充してまいります。「新しいビジネスを考えたい」、「既存のビジネスを強くしたい」、「専門的なことは分からないけど、ITをもっと活用したい」と言った課題に関連した資料や事例、新しいサービスを紹介しています。

業務を支えるITからビジネスを創生するITへ

デジタル変革によって、ビジネスにおける破壊的創造が起きているなかで、IT部門は如何にしてデジタル変革に立ち向かうか。IT部門が変革し、ビジネスを創り出すためのコンセプトと実現方法、実例を交えてご紹介します。
<目次>
Digital Transformation / デジタル変革
IT部門は如何にしてデジタル変革に立ち向かうか
IT部門のパラダイムシフト/デジタルビジネスにおけるガバナンス・プロセス・カルチャ
ソリューションは要らない
IT部門が持つケイパビリティとアセット
すべての企業がITを駆使しなくてはいけない時代 ~ビジネスにおけるITの役割~
ITを駆使する時代に、企業変革を担えるのはIT部門だけ
今さら聞けない「デジタルビジネス」
エンタープライズとハイパースケール
Smart Formation Service / スマートフォーメーションサービス
①「業務を支えるIT」の更なるレベルアップと効率化を図り、リソースを作る「運用レス」
②「ビジネスを駆動するIT」を作る デジタルツールとベストプラクティス(最良の事例)の提供
③IT部門のデジタルトランスフォーメーション/パラダイムチェンジを支援
④デジタルビジネスの運営管理と活性化の支援
ユニリタが提供するもの
まとめ
it’s YOUR turn!(IT部門の出番です)

"業務を支えるITからビジネスを創生するITへ" 資料ダウンロード

変革へのファーストステップ

デジタル変革時代に、役割が変わりつつあるIT部門。新たな役割を担うために、変わらなければなりません。本ホワイトペーパーでは、IT部門変革のためにまず始めるコンセプト「運用レス」について、変革に必要な2つのアプローチなど詳しくご紹介します。
<目次>
1. 今、求められているITサービスとは
2. 優先すべきは、新たな価値の創造に貢献すること
3. IT サービス部門への変革
4. 変革に必要な2つのアプローチ
5. テクニカル・アプローチの構成要素
6. マネジメント・アプローチの構成要素
7. ITシステム運用の構造改革
8. ITサービスマネジメントの実現に向けて
9. IT部門を取り巻く内部要因と外部要因
10. 「ITサービスマネジメント」を実現する機能・組織
11. 変革への強い意志を持って

"変革へのファーストステップ" 資料ダウンロード

 

 最新のデジタル技術やITを活用したデジタル変革は、新しいビジネスの創造や既存のビジネスの強化、差異化、企業の事業構造や業務プロセスを全く新しいものに変えてしまう力があります。この大きなパワーを積極的に取り込み、成果に結び付けられている、そんな企業やサービスを紹介しています。