1. HOME
  2. ユニリタマガジン
  3. 2017年UNIRITAマガジン
  4. クリティカルなシステム運用に必要な 「安心・安定」を実現するために ~ジョブ運用のクリティカルパスをシミュレーションすることで継続的な安定運用を!!~

クリティカルなシステム運用に必要な 「安心・安定」を実現するために ~ジョブ運用のクリティカルパスをシミュレーションすることで継続的な安定運用を!!~

クリティカルパス

日々のシステム運用業務では、安定したジョブ運用の維持が重要であり、サービス拡大によるジョブ追加や処理データの増加が発生した場合も、継続的な安定運用が要求されています。クリティカルなジョブ運用の現場では、処理追加で夜間処理の終了時間が今後どうなるのか、障害発生時、迅速に復旧時間を想定できるのか、など多くの課題があり、日々対応を迫られています。このようなクリティカルな場面において、簡単にクリティカルパスの確認が可能となるソリューションをご紹介します。

システム運用現場における ジョブ運用の現状

システム運用の現場では、常に安心・安定した運用が必要とされていますが、新しいシステムを追加する度に、現システムとの関連性を考慮するなど、管理する部分が複雑化していき安心・安定した運用の継続が難しくなっていきます。
新たなシステムが追加される際、インフラの監視に関しては利用している監視ツールへの設定追加で対応できますが、ジョブ管理に関しては影響範囲の調査・診断など、繊細なジョブ設計が必要となり容易にジョブ追加を行うことができません。仮にジョブの追加ができたとしても、ハードウェアの処理能力に余裕がないケースでは、処理データ量の急激な増加により、リソースが枯渇し処理全体が予定通りの時間内に終了しない可能性が出てきます。このような場合、一般的に考えられる対策として、ハードウェアの増強により処理能力を向上させ処理時間短縮の実現を目指しますが、データ量も比例して増加することもあり、期待した処理実行時間の短縮は見込めないのが実状です。

システム運用現場におけるジョブ運用の現状

クリティカルなジョブ実行における課題

クリティカルなジョブを安定運用していくには、障害を発生させない未然防止策と障害時の復旧対応手順を整備し、サービス開始時刻までに全ての処理が終了するように訓練を繰り返すことが肝要です。急激な処理の増加やデータ量の増加などに対応するには、システム全体を俯瞰的に把握し、どの処理で時間延伸が発生するかを見極め、場合によっては現在のジョブ順番を組み換える等、具体的な対策を施す必要が出てきます。その際、特定の管理者や技術者の経験や勘を頼る属人的な対応では今後に大きな不安が生じます。
このように、システム運用の現場ではジョブ実行における課題が多く、システム管理者はその解決に常に頭を抱えています。

日常現場で発生するクリティカルパス調査

ジョブ運用のクリティカルパスを把握し調査する場面は、システム運用の現場では多く発生しています。処理時間が延伸した場合の影響や特殊処理日におけるボトルネック調査などが、日頃の過去実績データを基にした調査を机上で実施されているのではないでしょうか。
また障害発生時には、復旧にどの位時間がかかり、後続の処理時間に加えて処理が何時間遅延するかなどの影響調査が必要になります。しかし、実際には復旧作業に時間が多く取られ、後続処理の延伸に対する影響調査や周知は後に回されることが多いと聞きます。このように、現場ではクリティカルパスを調査する場面で多くの時間と工数が必要とされています。

日常現場で発生するクリティカルパス調査

簡単な設定でクリティカルパスを 可視化する新製品「JobVisualizer」

今回、新たにリリースされた「JobVisualizer」は、ジョブ管理ツールA-AUTOのジョブ実行履歴とマスタ情報を利用し、過去日のクリティカルパスを簡単に生成できます。
生成されたクリティカルパスに対し、各種条件の設定が可能になっており、今後発生するジョブネットの追加や削除の組み合わせで、クリティカルパスのシミュレーションを容易に実現します。

JobVisualizerJobVisualizer2 JobVisualizer3 JobVisualizer4

ジョブ運用の可視化で「攻めのIT」

「攻めのIT」のニーズが広まる中で、システム運用部門における多くの業務は「守りのIT」に割かれているのが現状です。「JobVisualizer」で日々のジョブの状況を常に把握し、不要になったジョブの削除など、ボトルネック処理の改善をすることで、システム運用全体の処理時間短縮へとつながります。全体の時間が短縮されれば、オンラインの締め切り時間を延長することができ、サービスの拡大などの事業貢献をもたらします。
このように、安定したジョブ運用を保つことも大事ですが、企業の売上に貢献する「攻めのIT」に対して積極的に取り組むことは、現在のシステム運用では必要となってきています。
今後もユニリタではお客様の課題に対し、さまざまなソリューションでご支援いたします。

担当者紹介

小林 大輔

ITソリューション営業第一本部
カスタマーサービス部
小林 大輔

製品・サービス

ジョブ管理ツール | A-AUTO

ジョブ管理ツール | A-AUTO

A-AUTOのジョブ管理機能は、異なるプラットフォームで稼働するシステムのバッチジョブを統合的に管理し、自動実行制御を実現します。

会社情報に関するお問い合わせ

製品やIR以外の当社に関するお問い合わせ、本HPに関するお問い合わせなど、総合お問い合わせフォームより受け付けています。

お問い合わせフォーム