Menu
  1. HOME
  2. 製品・サービス
  3. BiRDSS
  4. ソリューション概要

ソリューション概要

業務要件定義支援ソリューションとは

業務要件定義支援ソリューションとは
業務要件定義支援ソリューションとは
業務要件定義支援ソリューションとは

要件定義の品質がシステム構築プロジェクトの成否を決めます。しかし、新規に導入された際のドキュメントは陳腐化し、業務ユーザがどのような業務の流れの中でシステムを利用しているのかも分からなくなっている場合がほとんどです。
業務要件定義支援ソリューション「BiRDSS」は、業務とシステム機能の利用状況を具体的に可視化する手法を提供し、要件の縦横のトレーサビリティを担保し、要件定義・テスト工程の品質を飛躍的に向上させ、コストの増大、納期遅延を抑止します。

業務要件定義支援ソリューション「BiRDSS」

業務プロセスを中心に上位の経営戦略から業務プロセスをサポートするIT機能を統合的にモデル化します。業務の視点、ITの視点でレビューを繰り返し、整合性があり抜け漏れのない業務要件が定義できます。
作成した業務フローはベンダーへ要件として提示し、認識の齟齬を抑止できます。さらに、業務フローを総合テスト、受入テストで活用し、テストシナリオの網羅性を担保しつつ、作成工数を削減できます。

ドキュメント体系

業務要件定義に関わる作業を体系的に可視化

  • 誰が作業をしても均一の品質で作業ができる
  • 初心者が始めて作業する際のガイドとして、上級者の支援ツールとしての活用を想定
業務要件定義に関わる作業を体系的に可視化

詳細プロセス

  • 業務要件定義支援ソリューションはシステム開発プロセスに沿って業務要件を定義・変更管理・活用する具体的な手順を提示
詳細プロセス

業務要件定義準備編

要件定義準備では前提となるシステム企画の内容を精査し、企画の趣旨や目的を図示することにより、具体化する

  • システム企画書に含まれない、当該企業にとっては「当たり前」の情報も収集
  • モデル化により、各情報の整合を確認する
  • 具体化したモデルはステークフォルダに承認を得る

本フェーズの成果物は必ずしもARISモデルで記述する必要はないが、後続フェーズでの活用を前提にモデル化を推奨します。

業務要件定義準備編

業務要件定義編

システム企画書のハイレベルな業務プロセスを段階的に具体化

  • マトリクスモデルを利用し、ハイレベルの業務シナリオを洗い出し
  • 業務プロセスのレベルを意識し、段階的に詳細化
  • 画面、帳票、インタフェース一覧情報をプロセスフローに反映し、整合性を確認
業務要件定義編

ベンダー選定編

ベンダー選定または開発部門への受け渡し情報としてプロセスモデル自体とモデルからの一覧情報をRFPの付属情報として提供

  • 提供モデル:詳細プロセスフロー、ジョブフロー
  • 提供一覧:業務機能一覧、画面一覧、帳票一覧、インタフェース一覧
ベンダー選定編

システム開発プロセス編

ベンダ側システム開発成果物情報を業務プロセスモデルに反映

  • 変更管理プロセスを定義・実行し、設計時の変更を業務プロセスモデルに反映
  • 画面/帳票/インターフェースの情報を業務プロセスモデルに反映
  • ベンダー成果物と業務プロセスモデルの情報を比較・検証し、整合性を担保
システム開発プロセス編

総合・受入テスト編

  • 提示した要件定義が正しく反映され、新システムで業務が正しく実行できることを確認する総合テスト、受入テストでプロセスモデルを活用
総合・受入テスト編

定義された業務プロセスの活用

  • 業務プロセスを可視化することにより、明確な業務要件の定義ができ、また、システム実装時の要件定義から関係会社へ展開まで継続的に再利用することが可能
定義された業務プロセスの活用

関連製品・サービス

ARIS

ARIS

企業内の戦略・プロセス・ITの整合性を取りながら、 継続的な改善を進めるには、企業資産をより効果的に可視化、分析、共有する必要があります。ARISプラットフォームは、その実現のための方法論(メソッド)と基盤(機能群)を提供します。

CONTACT

お問い合わせ

アイコン mail

製品に関するお問い合わせ

アイコン tel

電話でのお問い合わせ

03-5463-6381

052-561-6808

営業時間: 平日 9:00 〜 17:30

お問い合わせフォーム