1. HOME
  2. 製品・サービス
  3. BiRDSS
  4. 課題と効果

課題と効果

システム構築には不安要素がたくさん

システム開発・プロジェクトのよくある失敗

  • 納期遅延 : 48.4%
  • 予算超過 : 37.8%
  • 品質不満 : 26.9%

品質・コスト・納期の問題は意識しているが、改善策が打てない企業が4割

IT部門の支援を前提に要件定義書を事業部門が作成 「実施した方がよい(56.3%)」と認識しているが、具体的にIT部門は何を支援し、事業部門は何をすればよいか分からない…

課題の背景

  • 低価格指向により、各領域にベンダーが存在
  • ユーザ企業内(業務部門とIT部門)、ユーザ企業とベンダー、ベンダー間で情報の断裂(不整合)が発生
  • 各領域で知識体系、方法論が確立されているが、領域またがりで整合を取る方法は手探り状態
課題の背景

BiRDSSによる削減効果例

作成・整合確認作業工数  20%ダウン

作成・整合確認作業工数
20%ダウン

要件定義の業務フローをDB化し、業務機能一覧、画面/帳票/インターフェース一覧の作成・整合確認作業を削減

テストシナリオ作成工数  30%ダウン

テストシナリオ作成工数
30%ダウン

総合テスト・受入テストのシナリオを要件定義時の業務フローから論理的に導き出すことにより、テストシナリオ作成工数を削減

関連製品・サービス

ARIS

ARIS

企業内の戦略・プロセス・ITの整合性を取りながら、 継続的な改善を進めるには、企業資産をより効果的に可視化、分析、共有する必要があります。ARISプラットフォームは、その実現のための方法論(メソッド)と基盤(機能群)を提供します。

CONTACT

お問い合わせ

アイコン mail

製品に関するお問い合わせ

アイコン tel

電話でのお問い合わせ

03-5463-6381

052-561-6808

営業時間: 平日 10:00 〜 18:00

お問い合わせフォーム