1. ホーム
  2. 製品&サービス
  3. レガシーマイグレーションサービス
 

ユニリタが考えるレガシーマイグレーションとは?

ユニリタが考えるレガシーマイグレーションとは、メインフレーム資産の有効活用を目的としたレガシーシステムのマイグレーションだけではなく、デジタル変革に対応したITモダナイゼーションを実現するためのマイグレーション方式です。

本サービスでは、ユニリタが長年メインフレーム業務で培ってきたノウハウをもとに、お客様の現状業務の棚卸しや業務分析、資産棚卸などのコンサルティングを行い、既存資産を最大限に活用したレガシーマイグレーションを行い、運用の最適化、人材の強化を実現します。

また、レガシーマイグレーション後もシステムで使用されるデータを活用したデータ分析を行い、継続的にシステムの価値を向上するためのITモダナイゼーション基盤の構築も支援します。

このような課題を抱えていませんか?

メインフレームのレガシーマイグレーションを検討するにあたり、以下のような課題はございませんか。

  • 既存のシステムに対して、コスト削減、効率化、自動化だけでなく、新たな付加価値を提供するように経営層から求められている

  • IoTやAI、ビッグデータなどのデジタル変革に対応するため、レガシーシステムをマイグレーションする必要がある

  • 情報システム部門自体が変革を求められており、情報システム部門から経営企画やデータ活用など、ビジネス貢献に積極的に取り組んでいかなければならない

  • 既存のメインフレームのシステムがブラックボックス化しており、メインフレームの技術者が在籍している間にブラックボックス化を解消しなければならない

4つの物理的アプローチ方法

レガシーマイグレーションでは、分析フェーズ、設計フェーズ、移行フェーズ、テストフェーズ、本番稼働および稼働支援フェーズなどの工程を経て実施されます。分析から移行フェーズまでは4つのアプローチを行い、マイグレーションの方式を確定させます。

レガシーマイグレーションのプロセス

分析フェーズは既存のメインフレーム資産に対しての物理的な分析が中心となりますが、ユニリタのレガシーマイグレーションでは、物理的な資産の分析だけではなく、論理的なアプローチからもレガシーマイグレーションを実施します。

ユニリタのレガシーマイグレーションで実施する論理的なアプローチは以下の2つになります。

2つの論理的アプローチ

IT業務の価値分析と2つの論理的アプローチ

論理的なアプローチのメリットは、各業務の相関関係や業務プロセスを明確にするだけでなく、既存のお客様の業務プロセスにおける課題の改善や新規ビジネスを立ち上げるための定量的な材料を揃えることを可能にします。さらには、デジタル変革へ対応するために企業システムとして必要な強みや弱みを分析し、強みをより伸ばすための手段、弱みを克服するための手段を技術的に明確にします。

  1. マネジメントアプローチにて既存業務や業務プロセスに対してのAsIsを正確に分析、把握し、将来のビジネスに対してのToBeを描きます
  2. 論理的アプローチや物理的アプローチを用いることで、既存業務や業務プロセス、技術的課題を解決することにより、現状での最適解CanBeを導き出します
  3. 本番稼働後もシステムからデータを分析することで、新たな課題や問題点の洗い出しを行い、課題解決のための改善サイクルを回します。このサイクルを回すことにより、ToBeへと近づけ、ITモダナイゼーションビジネス基盤を構築していきます

ユニリタレガシーマイグレーションサービス

コンサルティングサービス(分析・設計)

長年メインフレームに携わってきたユニリタだからこそのノウハウ提供や、メインフレームからオープン環境へのレガシーマイグレーションを実現するにあたって6つのアプローチから業務棚卸、業務分析、資産棚卸、リスク分析・データ分析・移行設計・運用設計を行い、最適なレガシーマイグレーションを提案します

プロダクト移行サービス(移行・テスト)

現在ご利用されているメインフレーム製品をオープン環境で稼働できるようパッケージの移行・設計・構築・設定を行います

データ移行サービス(移行)

メインフレームで使用しているデータをオープン環境へ移行しても、そのまま使用できるようデータ移行の支援を行います。メインフレームからオープン系へのデータ移行に限らず、オープン系からオープン系へのデータ移行支援も行っています

資産コンバージョンサービス(移行)

メインフレームで使用している資産(マスタ情報、オーバレイ情報など)をオープン系で使用できる形式に変換します。マイグレーションにおいて最も工数のかかる作業を自動化することにより、プロジェクト全体の工数を削減することが可能となります

アウトソーシング支援サービス(運用)

マイグレーション後のお客様の運用を24時間365日代行して実施します。運用代行による実績からの傾向分析を実施し、運用最適化だけでなく、システム全体の最適化を提案させていただきます

データ活用サービス(活用)

レガシーマイグレーション後に蓄積されたデータを分析し、継続的にお客様業務やシステムの最適化を支援します

 

ユニリタでは、上記以外にもさまざまなサービスを用意しています。また、マイグレーションパートナーとの協業による各種サービス提供・支援も実施しています。詳細に関してはお問合せください。

関連事例

キヤノンマーケティングジャパン株式会社様

キヤノンマーケティングジャパン株式会社様

ユーザー視点で大規模マイグレーションをスムーズに実施

株式会社メイテツコム様

株式会社メイテツコム様

名鉄グループの印刷システムにBSP-RMとDURLを採用
スムーズなマイグレーションを経て、印刷システムの新たなスタンダードとして、グループ各社へ水平展開

日本特殊陶業株式会社様

日本特殊陶業株式会社様

スリムなSAPでコストを抑制しながら、基幹システム刷新
周辺システムとのつなぎで、アドオンプログラム50本以上削減

塩野義製薬株式会社様

脱ホスト化でR/3などの各ERPパッケージ間のデータ連携に
~開発工数削減だけでなく20年分のTAPEも廃棄に踏み切る~

まずはお気軽にお問い合わせください。

どのサービスが一番適しているの?課題がまだまとまっていない。。。 こういう事例はある? 見積もりだけでもいい?

  • 東京本社 03-5463-6381
  • 名古屋事業所 052-561-6808

※受付時間:平日9:00~17:30

お問い合わせフォーム