IT部門のビジネス貢献IT部門のビジネス貢献

IT部門のビジネス貢献

ITサービスの継続的な改善を支えるライフサイクル管理

悩み解決

  • インシデント対応や変更作業の記録が散在しており、情報が活用できない
    ITに関するすべてのプロセスの情報を一括管理。ナレッジとしての活用や現状分析、改善につながります
  • IT部門が実施するそれぞれの業務やサービスの評価ができない
    KPI(重要業績評価資料)やKGI(重要目標達成指標)、CSF(主要成功要因)の定義が可能。常時のモニタリングを実現します
  • 役割や手順が明確に定まっていない
    業務プロセスの定着と不正の排除ができるため、ガバナンスの有効性を向上させることができます
  • IT部門の業務に工数が掛かっており、作業ミスも発生している
    人手を介さず、ツールによる作業の自動化ことにより、省力化と品質向上を実現します

著しいビジネス環境の変化や技術革新が進行する現在…

企業におけるIT部門はシステム中心の視点から脱却し、ビジネスに貢献するための最適なITサービスを速やかに提供する部門への変革が急務とされています。
この変革をいち早く実現するためには、ビジネスのニーズとそのライフサイクルへの見通しを持ち、企業価値の最大化と組織の成長を促す「ITサービスマネジメント」も取り組む必要があります。

ソリューションの特長

可視化による
有用性の評価

ITサービス全体を可視化し、効果、リスク、ROIを評価することで、次へつながる改善活動の指標を創り出します。

標準化による
信頼性の向上

ITの業務プロセスを標準化していくことで、属人化及び負荷の偏在の排除をし、サービス品質と信頼性の向上につながります。

自動化による
経済性の改善

業務プロセスを自動化することで、変更のリードタイム短縮や、運用のオペレーションミスを抑止でき、その結果として、コスト削減・経済性の改善へつながります。

ソリューション概要図

LMIS( Lifecycle Management for IT Service)

導入事例

全日本空輸株式会社様 / ANAシステムズ株式会社様

ANAグループの全業務システムを対象としたITサービスマネジメントを「LMIS on cloud」で実現

JTB情報システム様

“効率化プロジェクト”の一環でLMIS on cloudを導入

資料ダウンロード

LMISホワイトペーパー
ITを活用した将来像と求められるビジネス貢献とは何か

ITサービスの現場での悩みは多種多様。多くの企業のIT部門は、直接的なビジネスへの貢献を強く求められています。
価値を創出するITサービスマネジメントをテーマに、方法論だけでなく実現に向けた取り組みをご紹介します。

お問い合わせ