帳票すっきりアウトソーシング帳票すっきりアウトソーシング

帳票すっきりアウトソーシング

自社保有という考えはもう古い!
印刷アウトソーシングでコア業務へシフト

悩み解決

  • 自社で保有している帳票システムやプリンタの老朽化により、周期的に更改を行わなければならない
    帳票システムやプリンタをクラウド化、アウトソーシングすることで、周期的に発生する更改にかかる費用を削減することができます
  • 手作業で行っている帳票の印刷や発送業務に追われコア業務*ができていない

    *自社の収益強化や価値創造などの利益を生むための直接的な業務
    帳票に関する業務をアウトソーシングすることにより、帳票運用業務から解放されるため、コア業務にシフトできます
  • 紙での印刷だけを行っているため、取引先からお問い合わせがあった際の調査や検索などに工数がかかっている
    紙での印刷だけでなく、電子化することにより、検索性が向上し、お問い合わせから回答までの対応工数を削減することができます

クラウド化の波から比較的遠いと思われていた帳票においても、クラウド化は徐々に普及され始めています。

しかし、依然として帳票システムを自社内に保有している企業は多く、帳票システムやプリンタの保有による老朽化対応や帳票の発送業務などの運用業務に課題を抱えています。本ソリューションでは、自社内に保有している帳票業務全体をクラウド化、アウトソーシングすることにより、これまで帳票運用業務にかかっていた人材や関連設備などの経営資源をコア業務に集中させることができます。

ソリューションの特長

老朽化への
対応が不要

ハードウェアやソフトウェアを自社内に保有する必要が無いため、老朽化に伴う手間や工数を削減することができます。

資産の保有
が不要

サーバやプリンタなどを保有する必要がなくなるため、資産保有に関わる管理工数やランニングコストの削減ができます。

帳票運用業務
からの解放

印刷の仕分けや封入封緘、発送業務をアウトソーシングすることにより、印刷にかかわる運用から解放され、経営資源をお客様の利益の源泉となるコア業務へとシフトすることができます。

ビフォーアフター

帳票業務をクラウド化・アウトソーシング化することでコア業務にシフト

ビフォーアフター

活用シーン

活用シーン
業種 製薬業
従業員規模 1000名以上
導入部門 IT部門

課 題

  • メインフレームの撤廃に伴い、自社内で実施していた帳票業務をアウトソーシングしたい。また、印刷発送にかかる人件費や大型プリンタや封入封緘機の撤廃によるコストを削減したい。

提 案

帳票すっきりアウトソーシングを活用することによる、コスト削減

  • 現行の資産は活かしつつ、老朽化したハードウエアを撤廃し、コストを削減。
  • クラウド上にデータを転送するだけで帳票生成から発送までを実現。

効 果

  • 月間150万円の人件費をゼロに、プリンタのランニングコストを50%に。
  • アプリケーションを標準化により、運用の効率化とメンテンス性の向上を実現。
  • 自社内に保有することがなくなったため、BCP対策も実現。

お問い合わせ

関連製品&サービス