EDI 2024年問題対策EDI 2024年問題対策

EDI 2024年問題対策

EDI利用企業が「潜在的に抱える共通課題」を
まとめて解決!

悩み解決

  • 「EDIの2024年問題(レガシーEDI→次世代EDIへ変更)」に課題がある
    「EDIの2024年問題」を早期に解決し、市場を勝ち抜けるようにビジネスをサポートします
  • 各法律対応またはハードウェア、ソフトウェアのEOS(エンドオブサポー ト)の期日が近く、短期間構築が必要
    開発生産性を向上させることで、短期間構築とコスト削減に貢献します
  • 高齢化や人材の流動化により、技術継承が円滑に行えない
    ドキュメント生成機能により、ベテランから若手に技術継承を行い、人材育成を実現します
  • プログラムロジックの追加・修正に柔軟に対応でき、属人化している
    わかりやすいGUIに加えて、逆引き機能が可能なため、変更箇所の検知や修正が容易な運用を実現し、属人化を解消します

長年、日本経済を支えてきた企業の多くは、「EDI システムの2024年問題」への対応に課題を抱えています。

一方、対象企業の多くは、EDIシステムを軸に視野を広げていくと、相次ぐ法対応や老朽化課題、高齢化による技術の継承といった共通課題が存在しています。ユニリタでは、EDIを利用している企業の多くが「潜在的に抱える共通課題」に対応するソリューションを用意しています。

ソリューションの特長

短期間構築が
可能

レガシープログラムをわかりやすいGUIに置き換え、属人化を解消し、短期間構築を実現します。

老朽化に
対応

EDIシステムから、基幹・周辺システムに至るまでの共通課題であるレガシープログラムの置き換えを容易に実現します。

技術の継承に
貢献

ドキュメント生成機能により、ベテランから若手へ技術継承し、人材育成の標準化とコスト削減に貢献します。

その他の特長

  • オンプレ・仮想化・クラウドと環境選択が可能、企業の方針に基づくシステム構築を提案します。

  • EDIに関する業務全般の運用課題をジョブスケジュール機能により解決。

ソリューション概要図

EDIの流れと本ソリューションでできること

EDIの流れと本ソリューションでできること

導入事例

エース株式会社様

戦略的なブランド構築を支援するEDIシステムを3ヶ月で本番稼動へ

カシオ計算機株式会社様

取引先200社との受発注システムをノンプログラミングで再構築

イーライフ共和株式会社様

EDIプログラムから解放、大量・多種類のデータを複数の成果へ

お問い合わせ

関連製品&サービス