IT内部統制モニタリングIT内部統制モニタリング

IT内部統制モニタリング

必要なのは監査ログ閲覧ではなく
業務の正当性がチェックできる事!

悩み解決

  • 監査対象のシステムが増加し、業務の正当性をチェックするためのモニタリングが負担になっている
    モニタリングに関する業務を自動化することにより、監査対象が増加しても負担を増やさずに対応できます
  • 監査法人から指摘を受けた場合、現在の仕組みでは柔軟に対応できない
    監査法人からの指摘にも柔軟に対応できるよう既存の資源を活用し、不足分を補完しま す
  • 内部統制の重要度が高まり、監査対象業務が増加したが、すぐに対処することができない
    監査対象業務が増加した場合でも、テンプレート活用により人的リソースを増やすこと なく対応できます
  • 過去に構築した仕組みが老朽化しているため、最新の仕組みに刷新したい
    過去に構築した資産を有効活用し、不足分を補完することでIT統制の有効性を継続評価します

内部統制の推進や個人情報保護、J-SOX法の対策において「モニタリング」は欠かせない存在になっています。

法改正や企業合併、さらにはインターネットやSNSなどの普及により、多くの企業はモニタリングの強化に課題を抱えてます。本ソリューションでは、「業務に組み込まれて行われる定常的モニタリング」と「業務から独立して実施される独立的評価モニタリング」の2つの観点で、IT統制が有効に機能していることを継続的に評価し、業務の正当性をチェックすることができます。

ソリューションの特長

突合業務の
自動化

ログの自動突合機能により、これまで手作業で実施してきた監査ログの突合と目視によるチェックを自動化し、ITコントロール目標の1つである「業務の正当性」を示すことができます。

短期間での
構築

豊富なノウハウを凝縮したテンプレートを活用し、個別での設計や開発工程を極小化することで短期間での構築を実現します。

マルチデータ
ソースへの対応

メインフレーム、オープン系、クラウドなど、あらゆるデータソースに対応しているため、ログの収集、加工、突合が可能です。

その他の特長

  • 複数のログとの突合ができるため、万が一、情報漏えいした際でも早期検出や追跡が可能です。

ビフォーアフター

ログデータの収集から突合までを自動化し、リアルタイムモニタリングを実現

ビフォーアフター

活用シーン

活用シーン背景
業種 印刷業
従業員規模 1000名以上
導入部門 IT部門

課 題

  • 個人情報を取り扱う関係上、不正流出問題になるログの取得、監査や被害の最小化やリスクの拡散抑止できる仕組が必要。また個人の情報漏えいに対する意識向上やログ活用に関するPDCAを検討。

提 案

さまざまなシステムからログを収集し、管理突合できるログ管理基盤の提供

  • システムからのログを自動収集や加工することでログの突合を自動化。
  • ログの集中管理により、検索が容易となり、追跡がができるログ管理基盤の提供。

効 果

  • ログを集中管理することにより、追跡が可能に。
  • 監査のためのログ突合作業を自動化。従来3人月もかかった工数が5人日に。
  • ログ活用のPDCAを実施により、全社のセキュリティの意識が向上。

導入事例

東亜建設工業株式会社様

作業依頼書とログの突合作業時間が1/5へ

お問い合わせ

関連製品&サービス