RPA活用RPA活用

RPA活用

RPA(ロボット)との正しい付き合い方とは
RPA活用による成果導出には“正しいアプローチ”が必要です

悩み解決

  • 経営層から導入と成果を求められているが、どの業務に適用すればよいのか分からない
    対象とする業務プロセスにおける作業と仕事を切り分け、ロボット化するポイントを明確化し、適用のスコープと優先順位を定めます
  • RPAを一度導入したが、成果が出せなかった
    対象とする業務を選定し、BPRを実施するか否かの視点、QCDの観点からIT部門と事業部門のメリットを高めるコンサルテーションを行います
  • 世の中にさまざまなRPAツールが溢れているため、どれが自社に適しているか分からない
    対象とする業務プロセスにおける作業と仕事を切り分け、ロボット化するポイントを明確化し、適用のスコープと優先順位を定めます

働き方改革を実現する手法として事業部門への導入が進んだRPA。

「プログラミングは不要」と謳われることがありますが、その活用と実装には一定のITリテラシーが必要です。つまり、事業部門による実装においては、必要とされるスキルとのギャップが発生する可能性があります。RPAを活用するには、その目的を明確化し、ツールの機能性を確認した上で、「RPA活用プロセスの標準化」「適用する業務プロセスの選定」「業務リテラシー」「スモールスタート/クイックウィン」などのポイントを押さえる必要があります。本ソリューションは、コンサルティング、ツール/サービス提供、構築支援・保守・運用までをワンストップで提供し、お客様の働き方改革を支援いたします。

ソリューションの特長

コンサル
ティング

RPA実装に向けたコンサルティング(標準化支援)をはじめ、適用業務の検討・実装方針支援・実装時の切り分け、ツール選定を行います。適用のためには、業務プロセスのどこにロボットを適用するかを明確にする必要があります。

最適なツール、
サービスの提供

業務やシステムを理解した上で、お客様ごとに最適なツール、サービスを提供させていただきます。

構築・
運営サービス

RPA運営、管理、ロボット開発/運用/保守までをサブスクリプション形式で提供させていただきます。また、ITサービスマネジメントをベースとした手法により、安定かつ効果の出る運営を行います。

ソリューション概要図

本ソリューションによるRPA導入・活用までの流れ

RPA導入・活用までの流れ

人間による手作業とRPAの比較

人間による手作業とRPAの比較

サービスメニュー

No. サービス名 サービス内容 納品物の例 期間

調査・試行支援

POC&POVサービス

○POC:適用可能性の検証   
   ▷RPA試行対象業務の選定
      (2~3業務)、適用、分析
   ▷RPA試行導入後の評価
○POV:適用方針の検討
   ▷適用対象業務の選定
 ▷BPR実施判定 
 ▷RPA適用方針書の策定

施行対象業務

適用評価シート

RPAシナリオ

(ロボット)

評価報告

RPA適用方針書

2ヵ月~

標準化支援サービス

コンサルティング

○RPAの運用体制、運用ルールの作成

管理規程の策定

ガイドラインの策定

 ▷開発、運用、保守

 ▷RPA向け部品設計・構築

RPA管理規程

各種ガイドライン

標準業務フロー

各種台帳

2ヵ月~
期間型構築サービス

期間契約によるサービス提供を行います

適用対象業務の業務分析とRPA シナリオ
(ロボット)作成と 運営支援 

期間中の保守、監視サービス

業務フロー

RPA適用作業一覧

シナリオ台帳

2ヵ月~

継続型構築サービス

サブスクリプション

サービス(定額)

RPAの活用を継続的にご支援いたします。

開発、保守、監視サービスをご提供
  いたします。

業務フロー

RPA適用作業一覧

シナリオ台帳

期間契約
ツール

ツールのご提供と保守サービスをご提供
  いたします。

RPAツール

作業報告書

資料ダウンロード

RPA活用資料
RPAによる成果導出のために~活用の勘所~

ワークスタイルの変革や攻めのIT、業務効率化といった目的のために、RPAは有効なツールであることは間違いありません。本ホワイトペーパーでは、RPA活用によって成果を導出するために必要なポイントをご紹介します。

お問い合わせ