経営情報可視化経営情報可視化

経営情報可視化

未来を切り拓くのは闇雲なPDCAではなくデータからの意思決定です

悩み解決

  • どこが儲かっているのか、今の状況が見えないから手の打ちようがない
    ビジネスユニット毎の業績を速報ベースで毎日確認、リアルタイムな進捗管理が行えます
  • 見込や推定が毎回ぶれるので、現場が目の前の案件に振り回される
    着地見込を自動計算、現場からのダイレクトなフィードバックで精度が劇的に向上します
  • 調べれば在庫数は分かるが、適正の在庫かどうか不安
    拠点・商材毎の生販在庫実績を日々可視化することにより週次のPDCAを実現します
  • セグメント別収益が把握できず、事業判断は現場マネージャの感覚に頼らざるを得ない
    社内外に散在するデータを集約・按分し、サービスセグメント毎の収益をお手元に届けます

毎月の経営会議や日々の経営状況の把握に必要な情報のレポートを、現場の方々がExcelを使って手作業で作成されているケースを多く見かけます。

意思決定に必要な情報は、現場の「ヒト」によって作られています。
経営だけでなく、営業・製造・物流・サービス・メンテナンス・バックオフィスなど、現場のPDCAや意思決定に必要な「使える情報」は、現場のヒトが、社内に散在するデータや情報をかき集め、Excel 等の道具を使って、加工・集計を行いレポートを作成しているのが現実です。
本ソリューションでは、「データの収集」から、「データの突合・加工・集計」、「レポートの作成およびレポートの配信」までを自動化することにより、Excelによるレポート作成の課題を解決します。

ソリューションの特長

ビジネススピード
向上

経営判断に必要な情報のリアルタイム性を高めることにより、PDCAのサイクルを早め、ビジネスのスピードを向上させます。

属人化解消による
リスク削減

Excel マクロや担当者のみが知るビジネスロジックを可視化することで、属人化をなくし経営判断のリスクを削減します。

生産性向上

転記や集計、加工などの定型業務の手作業を自動化させることにより、現場の生産性が向上します。

その他の特長

  • RPAと組み合わせることにより、登録業務のさらなる効率化を実現します。

  • システムを作り直すのではなく、手作業を可視化・自動化により、業務やデータを変えずに、経営の意思決定を加速します。

ビフォーアフター

定形業務の自動化によるリアルタイム性の向上とビジネス貢献

ビフォーアフター

活用シーン

活用シーン
業種 印刷業
従業員規模 1000名以上
導入部門 IT部門

課 題

  • 経営管理システムのレポート作成業務をスクラッチ開発しており、データの収集からレポート作成までの業務が属人化していた。レポートの修正は外部委託のため、月間40万円のコストが掛かっている。

提 案

レポート作成業務が属人化しないよう、オンデマンド型定形レポーティング基盤を提供

  • レポーティング基盤を提供することによる内製化。
  • システムの刷新や変更があった場合でも柔軟に対応できる基盤を構築。

効 果

  • 外部委託のレポート修正業務を内製化し、属人化解消とコスト削減を実現。
  • データ変換からレポート作成までの業務を自動化し、意思決定までのスピードがアップ。
  • 担当者のリソースをレポート作成からデータの分析にシフトし、経営への貢献度がアップ。

資料ダウンロード

経営可視化表紙
Excel業務からの脱却! ~属人化・共有・レポートに関する課題を解決~

Excelで作成されたレポートには「属人化」や「データ共有」、「データ準備」といった問題が存在します。
本ホワイトペーパでは、皆様にも起こり得るこれらの問題をできる限り分かりやすく解説・整理できればと思います。

お問い合わせ

関連製品&サービス