1. ホーム
  2. 最新情報
  3. プレスリリース

プレスリリース

ユニリタ、送った先での文書共有・管理方法を実現するクラウドサービス
「文書公開サービス」をリリース!

プレスリリース

 株式会社ユニリタ(本社:東京都港区、代表取締役 北野 裕行、以下ユニリタ)は、今般、文書や帳票の生成から配信までのプロセスを効率化し、企業間や部門間にまたがる業務の生産性を向上する「文書公開サービス」をリリースしました。

 昨今、B2BおよびB2Cで利用される帳票などの文書類は、作成、印刷、配送、運用の効率化はもとより、インターネットビジネスの増大や業務プロセスの革新に伴い電子化が進んでいます。また、電子帳簿保存法やe-文書法により、従来、法制上の規定により紙の書類を必要としていた業務も、完全電子化での対応が認められるようになり、職場における電子文書は増加傾向にあります。

 しかし、企業で利用される電子文書は、個人情報や機密性の高い文書を取り扱っている場合が多く存在します。そのため、企業内、企業外との文書での情報共有を目的とする場合、一番手軽な電子メールによる情報共有では、漏えいの危険性や配信ミスの可能性もあり、重大事故が発生すれば企業の社会的信頼を大きく落とす危険性があります。一方で、容量制限があり大きなサイズの文書が送れない、また、受領の確認ができないなど運用上の課題もありました。

 文書による情報共有の他の方法として、ファイル転送サービスやストレージサービスがありますが、この場合、受領した側での文書の共有や管理方法まで制御できないため、運用が属人化してしまいがちです。その結果、時間の経過とともに文書が散逸、文書のコピーを繰り返すことで重複ファイルが増加し、誰も使わない古いファイルが大量に残存し続けるなど、利用現場で文書管理が非常に煩雑となっていました。

 今回リリースする「文書公開サービス」は、文書の保管管理と情報公開までのプロセスをクラウドサービスとして提供し、利用者は、暗号化した経路を利用してアクセスすることで、安全確実な文書の保管と公開を実現する課題解決型サービスです。これにより、B2B、B2C、企業内における大容量ファイルの取り扱いをスムーズに行うことができます。

 また、ユニリタの帳票クラウドサービス「雲票」と連携することで、電子帳票の生成や帳票の複数の送り先への電子配信などの完全自動化を実現します。電子文書を取り扱うだけでなく、紙への印刷や、封入封緘作業、また配送サービスなどと組み合わせることで、企業における帳票システム運用業務の生産性の向上と大幅なTCOの削減を実現するものです。

以 上 

 

1.利便性
・メール添付では不可能な2Gバイトまでの大きなファイルに対応
・文書を預かってから公開するまでの期限設定に対応
・承認機能で重要文書の公開時などの機密性や安全性を担保
・取引先の環境に依存しないブラウザ上での操作が可能
2.セキュリティ
・アップロードからダウンロードまでの操作ログ管理機能
・ファイル送信の宛先固定に対応、誤送信や情報漏えいを防止
・ファイルのアップロードからダウンロードまでの経路の暗号化
3.グループワーキング
・複数利用者で共有フォルダを利用した原稿作成に対応
・作成履歴や最新版が分かりやすい文書の版数の自動管理機能
4.帳票クラウド雲票との連携
・雲票との併用(オプション)で、帳票の生成、仕分け、文書配信などを完全自動化
・紙の帳票特有の、印刷作業、封入封緘作業、配送作業にも対応

※1 共有フォルダを利用
※2 2Gバイトまで扱える
※3 オプションの雲票をご利用いただいた場合

■「文書公開サービス」について
http://www.unirita.co.jp/products/unpyo_cloud/documentary-opening.html

 

■「文書公開サービス」利用者画面イメージ