1. ホーム
  2. サポート
  3. Salesforce の「TLS1.0」暗号化による接続無効化に関する「LMIS on cloud」への影響について

Salesforce の「TLS1.0」暗号化による接続無効化に関する
「LMIS on cloud」への影響について

2016 年10 ⽉24 ⽇

お客様各位

株式会社ユニリタ
IT サービスマネジメント部

Salesforce の「TLS1.0」暗号化による接続無効化に関する
LMIS on cloud への影響について

 

 セールスフォース社より「TLS1.0」暗号化 によるSalesforce への接続の無効化に関しまして、 2017 年 3 ⽉ に本番組織(Salesforce では利⽤者の会社または団体のことを組織と呼び、組織毎にID が割り振られます。)に適⽤されることが発表されました。

 弊社クラウド製品であるLMIS on cloud の基盤として使⽤しているSalesforce.com では、通信暗号化⽅式TLS1.0 を利⽤しておりましたが、昨今TLS1.0 の脆弱性が発⾒されており、通信内容漏えいの可能性があることが判明しております。

 Salesforce.com では、セキュリティレベルを維持し、サービスを安⼼してご利⽤いただく為、Summer’16(※)リリース後に新規作成された環境では、「TLS1.0」を無効化し「TLS1.1」「TLS1.2」を利⽤して通信を⾏っております。

 また、Summer’16 以前に作成された環境においても2017 年3 ⽇5 ⽇(⽇)2 時30 分から「TLS1.0」が無効化となります。お客様におきましては、脆弱性に影響を受けない「TLS1.1」「TLS1.2」をご利⽤いただくことのできる設定への変更をお願いいたします。

 

※Summer’16 は、以下でリリースされております。

  • AP1、AP4 インスタンスのお客様 ︓2016 年6 ⽉12 ⽇(⽇) 2:00〜2:05
  • AP2 インスタンスのお客様 ︓2016 年6 ⽉12 ⽇(⽇) 3:00〜3:05
  • AP0、AP3 インスタンスのお客様 ︓2016 年6 ⽉12 ⽇(⽇) 4:00〜4:05

既存環境の「TLS1.0」無効化⽇

2017 年3 ⽉5 ⽇(⽇)2 時30 分

ご利⽤のブラウザについて

 お客様がご利⽤のWeb ブラウザが「TLS1.1」以降に未対応または、「TLS1.0」のみを有効にしている場合、Salesforce.com、並びにLMIS on cloud にアクセスすることができなくなります。

 以下のリンクをご参照いただき対応ブラウザの設定で「TLS1.1」及び「TLS1.2」を有効にしていただきますよう宜しくお願いいたします。

https://help.salesforce.com/apex/HTViewSolution?urlname=Salesforce-disabling-TLS-1-0&siteLang=ja#InternetBrowsers

データローダをご利⽤中のお客様

 「LMIS on cloud」環境にログインし、以下より最新バージョンのデータローダをダウンロードしてください。

【設定】⇒【管理】⇒【データの管理】⇒【データローダ】

※設定メニューの「クイック検索」に「データローダ」とご⼊⼒いただくと、メニューを絞り込めます。

データ登録ユーティリティをご利⽤のお客様

 現在、ご利⽤いただいているデータ登録ユーティリティは「TLS1.0」無効化後ご利⽤いただけなくなります。
 「TLS1.0」の無効化後もご利⽤可能な最新バージョンがリリースされておりますので、ダウンロードしてご利⽤いただけますようお願いいたします。

■最新版データ登録ユーティリティのダウンロード
 マニュアルサイトの連携ツールよりダウンロードいただけます。

以 上

まずはお気軽にお問い合わせください。

どのサービスが一番適しているの?課題がまだまとまっていない。。。 こういう事例はある? 見積もりだけでもいい?

  • 東京本社 03-5463-6381
  • 名古屋事業所 052-561-6808

※受付時間:平日9:00~17:30

お問い合わせフォーム