1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 海外事業活動

海外事業活動

海外事業の取り組みグローバル・パートナー

ユニリタグループにおける海外活動の取り組み

ユニリタの製品は、企業の基幹業務を支えるミドルウェアとして、官公庁から通信、製造、金融など業種・業界を問わずさまざまな企業で広くご使用いいただいており、主要製品であるジョブ管理システム「A-AUTO」(エーオート)は、これまでに国内外の企業800社以上で、約3,000インストールの導入実績を数えます。

国内はもとより海外におきましても販売活動に取組み、海外の現地企業に対し販売活動を行ってまいりました。1987年には東南アジア地域の第1号ユーザとして、マレーシアの通信大手企業であるTelekom Malaysia社でA-AUTOをご採用いただき、既に20年以上の使用実績を有しております。また、スペインでは、大手地方銀行Laboral kutxaやIbercajaにも、パートナー企業であるFUJITSU TECHNOLOGY SOLUTIONS, S.A.社を通じてA-AUTOを販売いたしました。

国内での活用事例や稼働実績を踏まえてユニリタプロダクトをご提案し続けた結果、その必要性や重要性を海外の企業でも認められ、各国の情報システム部門でも着実に導入実績を積み重ねています。

備実必(上海)軟件科技有限公司 設立

備実必(上海)軟件科技有限公司

BSP上海は、2008年1月、ユニリタの中国現地法人として設立。ユニリタグループの製品販売拠点として、中国市場でのマーケティングおよび販売活動を行ってきました。

今後は、中国で活動する全ての企業に役立つ、ユニークなソリューションの一層の拡充につとめ、ユニリタグループのグローバルビジネスを牽引してまいります。

BSP上海の会社概要
商号 備実必(上海)軟件科技有限公司
(英文社名:BSP(Shanghai)Inc.)
主な事業内容 ソフトウェア製品の開発、販売および付帯するサービス等
設立年月 2008年(平成20年)1月
本社所在地 上海市浦東新区商城路738号勝康寥氏大廈2107室
(英文住所)Room 2107, Suncome Liauw’s Plaza, 738 ShangCheng Road, PuDong New District, Shanghai
(電話番号)+86 21-5058-8268
代表者 董事長 竹藤 浩樹
総経理 巴音 都仁
資本金の額 30万米ドル
(株式会社ユニリタ100%出資)
従業員数 17名(2015年(平成27年)4月1日現在)

BSP上海ホームページへ

MIJS(Made In Japan Software)コンソーシアム加盟

[ロゴ]MIJS

MIJSコンソーシアムは、2006年8月7日の発足以来、ソフトウェアベンダーの側から、ビジネスに対するITの顧客満足度に応えるため、市場で求められるソフトウェアの製品間連携によるシステム基盤を構築し、国内・海外に向けて「日本のソフトウェア」に対する優秀性の認知向上、市場におけるビジネス基盤の強化を目的に、有力な国産ソフトウェアベンダー13社が結束し活動をスタートしました。2014年現在、MIJSコンソーシアム加盟企業は70社を超えております。ユニリタでは2006年10月に加盟し、海外事業の更なる拡大・強化へ向けた取り組みを進めています。

MIJSホームページへ

海外事業活動に関するトピックス

2012年9月 BSP上海の新オフィスでの営業開始に関するお知らせ(2012年9月10日、プレスリリース)
2012年8月 BSP上海、BIT上海と連携を強化!(2012年8月6日、プレスリリース)
2012年8月 BSP上海のオフィス移転に関するお知らせ(2012年8月2日、プレスリリース)
2012年6月 A-AUTOのBSPが統合監視ソフトのZabbix社とパートナーシップ契約を締結~オープンソース監視製品Zabbixによるクラウド利用の監視サービスを提供~(2012年6月13日、プレスリリース)
2012年3月 BSP、ヨーロッパで開催される運用自動化イベント『IT Automation 2012 Europe』へ出展(2012年3月27日、プレスリリース)
2011年11月 BSP上海と中国西安の西北工業大学が産学連携~中国の市場ニーズに対応したシステム運用ソフトの開発を推進~(2011年11月7日、プレスリリース)
2011年2月 BSP上海、中国有数のITサービスプロバイダー、デジタル・チャイナと戦略的業務提携を締結~現地マーケティング機能を強化し、中国での販売活動を一段と加速~(2011年2月22日、プレスリリース)
2011年2月 クオリカ、中国でクラウド対応生産管理システム「AToMsQube(アトムズキューブ)」にBSPのジョブ管理システム「A-AUTO(エーオート)」を新規採用(2011年2月18日、プレスリリース)
2011年2月 ビーエスピー、中国・西安に新たなR&Dセンターを3月開設~中国市場向けに、ユニークな製品の開発を現地で推進~(2011年2月17日、プレスリリース)
2009年9月 BSP上海のオフィス移転に関するお知らせ(2009年9月18日、プレスリリース)
2009年8月 スペインで3社目となる「A-AUTOR」ユーザが誕生 BSPのジョブ管理ツール「A-AUTOR」がスペイン交通局で採用(2009年8月10日、プレスリリース)
2008年2月 BSPグループの海外事業についてのお知らせ
2008年2月 【IR情報】子会社の清算に関するお知らせ(PDF)
2008年1月 【製品情報】Caja Laboral(カーハ・ラボラール)様導入事例掲載しました
2008年1月 【企業情報】新たなグループ会社、「備実必(上海)軟件科技有限公司」(略称:BSP上海)が1月より営業開始しました
2008年1月 備実必(上海)軟件科技有限公司(BSP Shanghai Inc.)、営業開始
2007年11月 ZDNet JAPAN、「MIJS企業訪問(第15回)BSP-改めて目指す『“日の丸ソフト”海を渡る』」
2007年10月 BSP、米テラデータ社とグローバルな販売活動に向けパートナーシップ契約を締結
2007年10月 中国における子会社設立に関するお知らせ~正式社名が決定、2008年1月の営業開始へ向けて順調に準備進行中~(2007年10月17日、プレスリリース)
2007年7月 子会社の設立に関するお知らせ(PDF:136KB)
2007年5月 スペインAragon地方のIbercaja銀行が、BSPのA-AUTORを採用(2007年5月30日、プレスリリース)
2006年12月 BSP、Fujitsu Espana Servicesとスペインにおける販売で提携(2006年12月4日、プレスリリース)
2006年10月 BSP、メイド・イン・ジャパン・ソフトウェア・コンソーシアムに参加 ― 10月よりBSPを含む4社が第1弾の新規参加企業として参加 ―(2006年10月23日、プレスリリース)
2006年9月 BSP、北京索浪計算機有限公司とLoganizerRの開発・保守で業務提携(2006年9月5日、プレスリリース)
2006年8月 BSP、瀋陽無限軟件開発有限公司とA-AUTORの開発・保守で業務提携(2006年8月24日、プレスリリース)
2005年1月 BSP International Corporation を100%子会社化
2002年5月 BSP Singapore Pte Ltdから、AAsoft Solutions Pte Ltd.に業務移管
1995年8月 BSP International Corporation設立(USA NY)
1995年3月 米ラスベガスで開催のAFCOMに初出展
1989年9月 BSP Singapore Pte Ltd.設立
1987年9月 Telekom Malaysia Berhad A-AUTO採用(※アジア地区第1号ユーザ)
1986年4月 「A-AUTO」ICP500万ドル賞、「A-SPOOL」ICP100万ドル賞 初受賞

まずはお気軽にお問い合わせください。

どのサービスが一番適しているの?課題がまだまとまっていない。。。 こういう事例はある? 見積もりだけでもいい?

  • 東京本社 03-5463-6381
  • 名古屋事業所 052-561-6808

※受付時間:平日9:00~17:30

お問い合わせフォーム