1. ホーム
  2. サービス&プロダクト
  3. 最適なBIツールの選定

最適なBIツールの選定

企業がデータ活用を始めるには、活用するデータの整備、そして分析、見える化を行うBIツールを導入といったITインフラ整備が必要です。特にBIツールは、分析担当の専門家が使う多機能のものから、業務部門の方が容易に見える化を行えるものなどさまざまなソフトウェアが存在し、使う側のユーザー、環境も配慮した選定、導入を行わなければなりません。

「最適なBIツールの選定」に関するこんな課題を解決します

  1. 課題1

    導入したBIツールは使いこなせず、なかなか社内に浸透しない。結局、レポートはEXCELを使っている。

  2. 課題2

    導入したBIツールは、高価で機能が多く費用対効果がでない。

  3. 課題3

    BIツールの利用ユーザーが追加されるたびに追加費用が必要となるため、コストが高い。

関連するサービス&プロダクト

  • MyQuery

    MyQuery

    MyQueryは、ビジネスに必要なデータを簡単にダウンロードでき、現場力の向上に役立つ「シンプル」で誰もが使えるデータ活用プラットフォームです。

  • Report & Form Warehouse

    Report & Form Warehouse

    「Report & Form Warehouse」は管理帳票と情報活用を融合させ、1つの基盤で提供することにより、ITコストを削減しつつ、情報活用を促進させる情報活用レポート基盤です。

     

関連リンク

Data Analytics Park ~アナリティクスびより~

Data Analytics Park ~アナリティクスびより~外部ウィンドウを開く

本ブログはデータアナリティクス事業部のメンバーがデータ活用をテーマに気になったこと、思いついたことをお伝えするブログです。
メンバーそれぞれの独自視点から見るデータ活用に関する情報や、ビッグデータ、リアルタイム分析などのトレンド情報など皆様に刺激を与える情報を配信していきます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

どのサービスが一番適しているの?課題がまだまとまっていない。。。 こういう事例はある? 見積もりだけでもいい?

  • 東京本社 03-5463-6381
  • 名古屋事業所 052-561-6808

※受付時間:平日9:00~17:30

お問い合わせフォーム