Menu
  1. HOME
  2. 製品・サービス
  3. infoScoop API Proxy

infoScoop API Proxy

あらゆるシステム・サービスを連携させて、
業務の効率化と自由な働き方を目指す

API時代を支えるマネジメント基盤である「infoScoop API Proxy」。クラウドとオンプレミスのハイブリッド対応により、クラウド、基幹システム、IoTなど、あらゆるサービスをつなげて一括管理し、利便性とセキュリティの両立を可能にします。

infoScoop API Proxy

infoScoop API Proxy の特長

  • CASE 1
  • CASE 2
  • CASE 3

顧客向けサービス(SoE)と基幹系サービス(SoR)をリアルタイムに連携させ、顧客満足度を向上させたい

SoEサービス(System of Engagement/顧客向けサービス)側で保持している顧客情報、商品情報、在庫情報などのデータを、夜間バッチなどでSoRサービス(System of Record/基幹系サービス)側に転送する必要がなく、SoE側からSoR側へ直接データを参照し、リアルタイム性を持たせることが可能です。

各種属性の付与誤りや退職時のアカウント削除漏れが発生している

開発者がAPIの仕様を個別に意識しなければならない。そのうえで、コストを減らし、スピード開発をしたい

SoEサービスの開発者は顧客満足度向上のため、クラウドサービスのAPIやSoRサービスのAPIを多用しますが、RESTなのかSOAPなのか、また、エラーハンドリングといったバラバラな仕様を意識する必要はなく、infoScoop API ProxyのREST仕様を意識するだけでよいため、開発スピードが向上します。

誰がいつどのようなメンテナンスを実施したのか、監査ログを残したい

仕様がバラバラなAPIの管理・運用を容易にしたい(監視、ログ管理など)

連携しているサービスの監視やログはinfoScoop API Proxyが一元的に管理するため、運用者は個別の管理をする必要がなく、infoScoop API Proxy上での一元管理が可能です。

社員の入社・退職・人事異動の際のメンテナンスにかかる人的負担やコストを軽減したい

infoScoop API Proxyに関するに関するお問い合わせはこちら

関連製品・サービス

infoScoop

infoScoop

「情報洪水からの脱却」「情報へのスピーディなアクセス」を目的として開発した企業向け情報ポータルです。

infoScoop ID Manager

infoScoop ID Manager

社内外に散在するシステムのユーザIDを統合管理。アカウントのライフサイクルを一元管理し、ID管理のコストを大幅に削減、さらに不正アクセスの脅威から守ります。

infoScoop SSO

infoScoop SSO

社内外に散在するシステムのユーザIDを統合管理。アカウントのライフサイクルを一元管理し、ID管理のコストを大幅に削減、さらに不正アクセスの脅威から守ります。

CONTACT

お問い合わせ

アイコン mail

製品に関するお問い合わせ

アイコン tel

電話でのお問い合わせ

03-5463-6381

052-561-6808

営業時間: 平日 9:00 〜 17:30

お問い合わせフォーム