Menu
  1. HOME
  2. 製品・サービス
  3. infoScoop SSO
  4. 特長

infoScoop SSO の特長

 

特長1

クラウドとオンプレミスのハイブリッドSSO

企業のクラウドサービス利用が進んでいるなか、既存のオンプレミスのシステムをすべてクラウドに移行することは難しく、クラウドとオンプレミスを併用されているのではないでしょうか。
「ID・パスワードがバラバラで不便」、「オンプレミスのシステムを外出先から利用したいがセキュリティが不安」など、利便性とセキュリティはトレードオフの関係にあります。
「infoScoop SSO」ではクラウド・オンプレミスを問わないハイブリッドSSOの構築が可能です。認証を統合することでセキュリティレベルを統一し、セキュアなアクセスと利便性の向上を実現します。

クラウド

Office 365, G suite, Salesforceなど、さまざまクラウドサービスとSSOが可能です。標準規格であるSAML認証で、一度のログインで複数のサービスにセキュアにアクセスできます。

オンプレミス

SAML非対応であっても、代行ログインにより社内システムをSSO環境に取り込めます。

クラウドとオンプレミスのハイブリッドSSO

特長 2

豊富なセキュリティオプション

近年、サイバー攻撃は複雑化かつ深刻化しており、年々被害が増加しています。それに伴い、企業ポリシーに沿ったセキュリティ対策を講じることは必要不可欠です。 infoScoop SSOの豊富なセキュリティオプションでセキュリティをより強固にすることが可能です。また、アクセス制限やログの収集/分析により情報漏洩を防止します。

セキュリティオプション例

  • ワンタイムパスワード認証オプション
  • Cookie認証オプション
  • Windows統合認証オプション
  • SSL相互認証オプション
  • IMAP Proxyオプション
  • LogRecorderオプション
  • 生体認証オプション(※リリース予定)
セキュリティオプション例

特長 3

ポータルとの組み合わせで業務効率化

infoScoop SSOはポータル(infoScoop CE)と組み合わせることで利便性がより一層、向上します。 「会議室の予約はこのシステム」、「ワークフローはこのシステム」など必要な情報を集めるために複数のシステムにログインする手間が少しずつ生産性を奪っていきます。 クラウドサービスとオンプレミスのシステムの情報をポータル上に集約することで、必要な情報を効率的に取得することができ、業務のムダを削減することができます。

ポータルとの組み合わせで業務効率化
ポータルとの組み合わせで業務効率化

関連製品・サービス

infoScoop

情報活用の側面からワークスタイルの変革を支援する「infoScoop」

infoScoop(インフォスクープ) Cloud Enterprise は、「情報洪水からの脱却」「情報へのスピーディなアクセス」を目的として開発した企業向け情報ポータルです。

infoScoop ID Manager logo

IDの一元管理で必要なIDと属性をプロビジョニング 「infoScoop ID Manager」

社内外に散在するシステムのユーザIDを統合管理。アカウントのライフサイクルを一元管理し、ID管理のコストを大幅に削減、さらに不正アクセスの脅威から守ります。

infoScoop API Proxy logo

あらゆるシステム・サービスを連携し業務を効率化「infoScoop API Proxy」

クラウドとオンプレミスのハイブリッド対応により、クラウド、基幹システム、IoTなど、あらゆるサービスをつなげて一括管理し、利便性とセキュリティの両立を可能にします。

SCPソリューション

コミュニケーション型PaaS 「スマートコミュニケーションプラットフォーム(SCP)」

企業のデジタルトランスフォーメーションや、ソフトウェア開発会社がクラウドサービスを素早く構築して展開できるクラウドサービスです。 月額料金ですぐにスモールスタートできます。

CONTACT

お問い合わせ

アイコン mail

製品に関するお問い合わせ

アイコン tel

電話でのお問い合わせ

03-5463-6381

052-561-6808

営業時間: 平日 9:00 〜 17:30

お問い合わせフォーム