帳票と帳票システム用語集

スプール

アプリケーションから印刷するときに、印刷データを直接プリンタへ送信するのではなく、一時的に別の場所に記憶し、後でまとめてプリンタへ送信すること。多くの場合、アプリケーションが印刷データを生成する処理は、プリンタの処理よりも速いため、アプリケーションはスプールすることにより、プリンタが印刷完了するのを待たずに次の処理が行えるというメリットがある。 一般的には印刷に限らず、ある処理の後続処理に時間がかかる場合に、一時的に別の場所に記憶した上で、それを後続処理が処理する方式のことをスプールと言う。メールソフトウェアでメールを送信する場合もスプール処理が行われている。

帳票と帳票システム用語集 インデックス

帳票と帳票システム用語集へ戻る

まずはお気軽にお問い合わせください。

どのサービスが一番適しているの?課題がまだまとまっていない。。。 こういう事例はある? 見積もりだけでもいい?

  • 東京本社 03-5463-6381
  • 名古屋事業部 052-561-6808
  • 大阪事業部 06-6245-4595
  • 福岡事業部 092-437-3200

※受付時間:平日9:00~17:30

お問い合わせフォーム