1. HOME
  2. プレスリリース
  3. ユニリタ、ソフトプレックスとビジネスパートナー基本契約締結 ~ メインフレーム市場の動向を見据えた協業モデルを構築 ~

ユニリタ、ソフトプレックスとビジネスパートナー基本契約締結

~メインフレーム市場の動向を見据えた協業モデルを構築~

2019年05月14日 プレスリリース

 株式会社ユニリタ(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 北野 裕行、以下 ユニリタ)は、株式会社ソフトプレックス(本社:東京都中央区、代表取締役 葛西 泰寛、以下 ソフトプレックス)と、メインフレーム関連ビジネス拡充のため、ビジネスパートナー基本契約を締結しました。

 今なお、企業の基幹業務を支えているメインフレームは、近年のキャッシュレス決済の定着に伴う少額決済(マイクロペイメント)の拡大という世情の変化を受けて、金融分野を中心としたトランザクションの急激な増加とともにCPUパワーを必要とした処理量の増加により適用業務の領域が拡大しています。
 また、多くの企業データが今なおメインフレーム上にありますが、企業情報を管理する目的(Systems of Record)としてのメインフレームの利用だけでなく、過去から蓄積されている企業の財産となるデータおよびシステム(Systems of Engagement)の処理をセキュアに行うためのプラットフォームとして利用する新たな動きも出てきており、これまでとは違うメインフレームの活用が今後も期待されます。
一方、メインフレームの技術者の減少と高齢化はますます深刻化しており、より一層の運用工数の削減、効率化が求められています。

 これらの背景を受け、メインフレームのジョブ管理、運用、帳票出力管理製品群を30年以上にわたり提供しているユニリタは、国内唯一のIBMメインフレーム専門のユニークなソフトウェア製品やサービスを20年以上にわたり販売、提供するソフトプレックスと協業し、メインフレームを継続利用するユーザ企業に対して幅広い運用管理製品や業務効率化を支援するサービスを提供します。さらに、本協業により、既存業務の効率化、運用の改善からオープン環境との連携によるシステム全体の最適化などを共同で提案することも可能になります。

今後も両社は、メインフレーム市場の動向を見据えた協業モデルを構築し、ユーザ企業を取り巻く環境の変化に柔軟に対応できるメインフレーム環境の構築と業務負担の軽減を支援していきます。

以 上

株式会社ユニリタについて https://www.unirita.co.jp/

所在地 :東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟29階
資本金 :13億3,000万円
代表者 :代表取締役 社長執行役員 北野 裕行
事業内容:
ユニリタの強みは、IT領域における「情報活用」「プロセス、運用」「クラウド・プラットフォームの活用」。これらの力を活かし、デジタル社会でのビジネス貢献と業務効率化や生産性向上を実現するための製品とサービスを提供しています。そして、新たな事業分野として、「働き方改革」「地方創生」「一次産業活性化」などの社会課題をデジタル技術で解決すべく業界SaaS事業の取り組みを積極化し、事業の拡大を図っています。
主なメインフレーム向け製品:
・ジョブ運用管理「A-AUTO」
https://www.unirita.co.jp/products/aauto.html
・帳票出力管理「A-SPOOL」
https://www.unirita.co.jp/products/aspool.html

株式会社ソフトプレックスについて http://www.softplex.co.jp/

所在地  :東京都中央区日本橋箱崎町41-12
資本金  :1,000万円
代表者  :代表取締役 葛西 泰寛
事業内容 :
1994年設立の、国内唯一のIBMメインフレーム専門のソフトウェア会社。信用金庫、信託銀行、生命保険損害保険などの金融、製鉄や車、官公庁など社会基盤ともいえる東証一部上場の企業や大手企業が抱える問題に対し、最も効果的で効率的な解決方法をソフトとサービスで提案していくことを事業としています。
主なメインフレーム向け製品:
・スケジューラ情報の可視化製品「JOBNET/Graph for A-AUTO」
http://www.softplex.co.jp/products/scheduler/jobnetgraph-for-a-auto/

会社情報に関するお問い合わせ

製品やIR以外の当社に関するお問い合わせ、本HPに関するお問い合わせなど、総合お問い合わせフォームより受け付けています。

お問い合わせフォーム