1. HOME
  2. プレスリリース
  3. 2018年プレスリリース
  4. ユニ・トランドによるデジタルアテンダントへの資本参加について

ユニ・トランドによるデジタルアテンダントへの資本参加について

2018年04月04日 プレスリリース

 株式会社ユニリタ(3800:東証JASDAQ、以下 ユニリタ)の子会社で移動体向けIoTソリューション事業を展開する株式会社ユニ・トランド(本社:東京都港区、代表取締役社長:高野 元、以下 ユニ・トランド)は、AI(人工知能)による対話型ロボットを開発する株式会社デジタルアテンダント(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子 和夫、以下 デジタルアテンダント)に資本参加いたしました。

 ユニ・トランドが展開する移動体向けIoTソリューション事業は、現在、地方のバスによる2次交通を対象に、IoT技術とスマートデバイスを活用したバスの目的地検索や、位置情報検索システムを提供しています。今後、ユニ・トランドは、バスのロケーション表示と沿線広告を組み合わせたサービスやAIを活用した利用者分析サービスなど地方のバス交通を便利にし、地域活性化につなげる事業拡大を目指しています。

 今般のユニ・トランドによるデジタルアテンダントへの資本参加は、バス事業の利便性向上に向け、駅やバスターミナル・観光窓口等における双方向の情報提供サービスにAIを活用した対話型ディスプレイによる新サービス実現を、同社と共同で開発することを目的としています。

 これにより、ユニ・トランドは、AIを活用した対話型接客ならびに応答サービスなどさまざまなサービス拡張と技術革新に対応したサービス進化を継続的に進化させる体制を構築できることになります。

 ユニリタでは、中期経営計画(2018年度~2020年度)において、本体ならびにグループ各社の特長を活かし、業界に特化したSaaS事業の展開を掲げています。今回の資本参加も、この戦略に則ったものとなります。

株式会社ユニ・トランドについて

株式会社ユニリタについて

以上

会社情報に関するお問い合わせ

製品やIR以外の当社に関するお問い合わせ、本HPに関するお問い合わせなど、総合お問い合わせフォームより受け付けています。

お問い合わせフォーム