Menu
  1. HOME
  2. プレスリリース
  3. 2020年プレスリリース
  4. 並列版A-AUTO V6.4.0をリリース

並列版A-AUTO V6.4.0をリリース

~メインフレームの新キャッシュデザインに順次対応~

2020年5月12日 プレスリリース

 株式会社ユニリタ(東証JASDAQ:3800、以下 ユニリタ)は、メインフレーム向け製品の「並列版A-AUTO V6.4.0」をリリースしました。

 「A-AUTO」は、メインフレームにおけるジョブスケジューラのデファクトスタンダードとして幅広くお客様のメインフレーム業務管理システムの中核を担っています。本製品は、現在約200社のお客様で導入されており、メインフレームの業務スケジュール管理にかかる人的負荷の軽減やジョブ実行の高速処理を実現しています。
 「並列版A-AUTO」は、複数のメインフレームを並列にて使用されているお客様に対して、それぞれのメインフレームの負荷状況を把握した上で、CPU負荷が特定のマシンに片寄らないようにジョブを振り分けていく製品です。本バージョンは、特にIBM社製メインフレームで使用されているCPU内部キャッシュデザインに対応した製品であり、あわせてITシステムの大規模運用に対応したジョブ管理の大容量化対応も行っています。

 「A-AUTO」は、今後もメインフレームにおける基幹システムのジョブスケジュール管理を担う製品として、お客様の幅広いジョブスケジュール管理業務を支えてまいります。

以 上  


主なメインフレーム向け製品:
・ジョブ運用管理「A-AUTO」
https://www.unirita.co.jp/products/aautomainframe.html
・帳票出力管理「A-SPOOL」
https://www.unirita.co.jp/products/aspool.html

会社情報に関するお問い合わせ

製品やIR以外の当社に関するお問い合わせ、本HPに関するお問い合わせなど、総合お問い合わせフォームより受け付けています。

お問い合わせフォーム