Menu
  1. HOME
  2. プレスリリース
  3. 2020年プレスリリース
  4. IBM Z Development and Test Environment向けユニリタメインフレーム系プロダクトをリリース

IBM Z Development and Test Environment向け
ユニリタメインフレーム系プロダクトをリリース

~クラウド環境に対応、従来より低価格で開発・テスト環境を提供~

2020年9月1日 プレスリリース

 株式会社ユニリタ(東証JASDAQ:3800、以下 ユニリタ)は、IBM Z Development and Test Environment上で稼働するメインフレーム向けプロダクトの「A-AUTO」「A-SPOOL」「A-SPOOL/MAIL」「A-LOG」および「A-DATAdrift」をリリースしました。

 IBM Z Development and Test Environmentは、メインフレーム・ハードウェアなしでz/OS環境をx86サーバやクラウド上で構築することができるプラットフォームです。
 これによりz/OS開発環境の低コスト化を促進するとともに、在宅勤務下、現行ハードウェアとは別建てでのセキュリティを考慮した開発環境での利用が可能となります。
 今般、当社では、この新プラットフォーム向けに、従来のオンプレミス環境下で提供実績のある運用系各種プロダクトを、クラウド環境においても活用いただけるよう提供するものです。
 お客様は、x86サーバやクラウド環境下、メインフレーム・アプリケーションのデモンストレーション、開発、テスト、および教育のために当社プロダクトを高いセキュリティのもと低価格でご利用いただけます。

以 上  

◆主なメインフレーム向け製品:
・ジョブ運用管理「A-AUTO」
https://www.unirita.co.jp/products/aautomainframe.html

・帳票出力管理「A-SPOOL」
https://www.unirita.co.jp/products/aspool.html

 

会社情報に関するお問い合わせ

製品やIR以外の当社に関するお問い合わせ、本HPに関するお問い合わせなど、総合お問い合わせフォームより受け付けています。

お問い合わせフォーム