Menu
  1. トップ
  2. 課題から探す
  3. SAPマスターデータ整合性向上によるデータ活用

SAPマスターデータ整合性向上によるデータ活用

マスターデータの整合性UPし、データ活用を実現!
DX2025年の崖を見据え、
SAPのマスター整備は業務効率化に必須!

悩み

SAPのマスターデータが整備されていないため、精度の高い情報活用ができていない。

解決!

SAP内のトランザクションデータを活用する上でベースとなる重要なデータの品質の確保できます。

悩み

SAP以外のデータも含め、データ連携のためのプログラム作成や、手作業によるダウンロードに工数がかかる。

解決!

データの抽出・加工・連携をノンプログラミングで実現し、工数を削減します。

悩み

母体データが大量件数の場合、連携処理に非常に時間がかかる。

解決!

大量のデータ件数を多重で処理することが可能です。

ソリューションの特長

SAPデータ品質の確保
 

マスターデータを高品質化し、継続的に維持していくため、大きく3点の品質を確保しています。

●品質向上(優れた操作性、整合性の確保)
●運用コスト削減(ワークフローの実現、内部統制強化)
●内部統制強化(パラメータ制御、多言語対応)

データの抽出・加工・連携を実現
 

基幹システムであるSAPからのデータ取得はもとより、関連する他システムからもデータを抽出し、必要な形式へ加工、そしてBIやDWHへの連携をも実現します。

継続的なデータ活用サイクルを
構築

ベースとなるデータの品質を維持しつつ、必要なタイミングでデータを素早く取り出し継続的に分析するサイクルを構築します。

SAPのデータ活用ソリューション

SAP ERPおよびSAP S/4HANA(以下:SAP)のマスターデータ管理において課題とされている「作業負荷」や「整合性保持」を解決することを目的としたマスターデータ管理システムです。

マスターデータを高い精度で継続的に維持することができ、データ活用基盤を整えた上で、企業活動に活用効果の高いデータ分析が可能となります。

 

SAPのマスターデータ管理において課題とされている「作業負荷」や「整合性保持」を解決します。マスタデータを高い精度で継続的に維持しつつ、データ活用基盤を整えた上で、企業活動に活用効果の高いデータ分析が可能となります。

適用業務例 1

SAPマスターデータの整備

課題:SAPマスターデータが整備されていない

  • SAPのマスターデータが整備されていないため、精度の高い情報活用ができていない。

効果:マスターデータの高品質化を担保

  • マスターデータは、トランザクションデータを活用する上でベースとなる重要なデータであり、このマスターデータを高品質化し、継続的な維持を実現します。

適用業務例 2

データ連携用のプログラム作成

課題:データ連携用のプログラム作成に手間がかかる

  • SAP以外のデータも含め、データ連携のためのプログラム作成や、手作業によるダウンロードに工数がかかる。

効果:ノンプログラミングで実装

  • 基幹システムであるSAPからのデータ取得はもとより、関連する他システムからもデータを抽出し、必要な形式への加工、そしてBIやDWHへの連携を実現します。

適用業務例 3

個別に作成する帳票対応

課題:個別に作成する帳票対応の負担が大きい

  • SAPの帳票機能では必要なレポートや帳票が作成できず、Excelを使って手作業でレポート作成しているため、現場の負担が大きい。

効果:基盤構築により自動化、属人化から脱却

  • 経営会議の報告資料や販売実績レポート等、現場の負担となっていた日々のレポート作成業務を自動化して、属人化の解消を実現します。

関連製品・サービス

Report & Form Warehouse

Waha! Transformer

データ連携・統合時の工数削減を実現するETL:データ連携ツールです。導入実績は2,000ライセンス、企業のデータ活用を支えています。

CONTACT

お問い合わせ

ソリューションに関するお問い合わせ

本ソリューションに関するお問い合わせは、お気軽に製品お問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム