構成管理可視化構成管理可視化

構成管理可視化

迅速な対応が求められるIT部門には”構成管理”が必要不可欠です

お問い合わせ

悩み解決

  • システム変更による影響範囲が正しく把握できておらず、思わぬ障害を引き起こさないか不安
    システムの構成情報を可視化することで影響範囲を正しく把握できます
  • 障害発生時に、システム構成を調べることから始めるため、初動が遅くなってしまう
    構成情報を集約し常に最新に保つことで、棚卸し工数の削減だけでなく迅速な対応を可能にします
  • 変更履歴とシステムの情報が紐づいておらず、誰がいつ、何のために変更したか分からない
    構成情報とその変更申請を紐づけて管理することで、変更履歴が追跡しやすくなります

迅速な対応が求められるIT部門には”構成管理”が必要不可欠です。

サーバ管理台帳やネットワーク構成図といった管理情報が共有されていなかったり、情報自体に信頼性がなく有事の際に一から調べている企業も少なくありません。こうした状況では迅速な対応が出来ないばかりか、影響範囲を正しく把握できずに思わぬトラブルを引き起こしかねません。
本ソリューションでは、これまで個別に管理されてきた構成情報を一元的に集約し常に最新の状態に保つことで、IT部門の対応スピード向上を実現します。また、変更申請と紐づけて管理することで、変更履歴の追跡を容易にし、統制強化にもつなげることができます。

ソリューションの特長

直観的に
影響範囲を
特定可能

システム構成を俯瞰できるようにすることで、障害発生時やシステム変更による影響範囲を正しく把握することができます

構成情報の
棚卸し工数を削減

構成管理情報を一つのリポジトリに集約し、常に最新に保つことで、管理台帳の棚卸し工数の削減だけでなく、管理情報の信頼性や可用性を向上することができます

変更履歴の追跡を
容易に

構成情報の変更情報をワークフローと紐づけて管理することで、不正なシステム変更が抑制でき、誰がどういった目的で変更したかを特定しやすくなります

ビフォーアフター

ビフォーアフター

導入事例

日通情報システム株式会社様

セキュリティインシデントをトリガーに、チームを越えた構成管理情報の情報共有を実現!

住友林業情報システム株式会社様

分散していたグループ企業のインシデント情報、機器情報台帳を「LMIS on cloud」で一元化

インシデント発生から復旧までの時間を削減

資料ダウンロード

IT部門の「対応力」をスピードアップする「構成管理」の重要性
IT部門の「対応力」をスピードアップする「構成管理」の重要性

IT部門にとって、システムトラブルやエンドユーザからの問い合わせに対していかに迅速に対応できるかは大きなテーマです。本紙では、IT部門の対応力を向上させる構成管理の重要性や適切に運営するためのポイントをご紹介します。

お問い合わせ

関連製品&サービス