Menu
  1. HOME
  2. プレスリリース
  3. 2016年プレスリリース
  4. ユニリタ、クラウド型サービスデスク 「LMIS on cloud」の最新版Ver2.1を提供開始 ~エンドユーザ向け機能を強化。サービスデスクの大規模利用、全社展開を容易に実現~

ユニリタ、クラウド型サービスデスク 「LMIS on cloud」の最新版Ver2.1を提供開始

~エンドユーザ向け機能を強化。サービスデスクの大規模利用、全社展開を容易に実現~

2016年02月18日 プレスリリース

株式会社ユニリタ(本社:東京都港区、代表取締役 竹藤 浩樹、以下ユニリタ)は、2月18日、クラウド型サービスデスク「LMIS on cloud」の新バージョンとなるVer2.1をリリースしました。

ITとビジネスが密接不可分となっている現在、ITサービスに対するエンドユーザからのさまざまな問い合わせやリクエストを適切に処理するサービスデスクの効率化は、IT部門にとって重要なミッションとなっています。しかしながら、受付や回答はメールのため管理ができていない、ナレッジも属人化して特定の個人に依存しているなど、旧態依然とした運用から抜け出せていない組織もまだまだ多いのが現状です。

これらの課題を解決するためにサービスデスクツールを活用したくても、エンドユーザ全員に配布するにはライセンス料がユーザ数に比例して高額となり、導入範囲が限定されるなど、十分な効果を上げづらい状況でした。

サービスデスクツールを活用できていない場合

  • メールや紙によるエンドユーザからの申請を、起票・管理するのが大変
  • 問い合わせの対応結果などが個人のメールに埋もれていて共有できない、対応状況がわからない
  • ユーザ部門の承認が得られてない個人的な申請、依頼が頻繁に来る
  • 同じような問い合わせが何回もくる。FAQが探しづらくて利用されていない

ユニリタの「LMIS on cloud(エルミス・オン・クラウド)」は、システム運用のグッドプラクティスであるITILに準拠しており、インシデント管理を始めとする各ITILプロセスの管理機能を提供してきました。

最新版となるVer2.1では、サービスデスク機能の「セルフサービスポータル」オプションをより一層使いやすく強化することで、サービスデスクの受付回答機能を安価かつ大規模に全社展開できるようになりました。

導入効果

  • ユーザ課金ではなくページビュー課金を採用することにより、ライセンス費用を大幅に抑制し大規模組織や多くの
    エンドユーザにも低コストで展開することが可能になります
  • サービスデスクの問い合わせ受付、回答、および双方向の連絡機能が集約/一元化され、状況の可視化、対応管理の
    効率化が実現できます
  • 個人認証、ユーザ部門承認機能により、ユーザ部門からの正規の申請手順が遵守されます
  • ナレッジの共有により、サービスデスクの対応時間の短縮、エンドユーザ自身による自己解決が促進されます

主な強化ポイント

  • 申請フォームごとに承認フローの変更が可能

承認の要らない申請、上長の承認が必要な申請などを使い分けることができます

  • 承認者を最大3階層まで設定可能

申請者の上司、所属部署の部門長など職位による承認者などを簡単に変更できます

  • 承認者に代理承認が設定可能

休暇や出張期間中に期間を指定して代理承認を指定できるため、承認業務が滞ることがなくなります

  • 申請フォームを分類ごとに階層メニューで表示

多数の申請フォームから素早く目的のフォームを探し出して起票することができます

  • FAQの参照数、参照ユーザ数を記録し、利用頻度の順に自動表示

どのFAQがよく利用されているか管理、分析ができます。また、利用頻度順の自動表示や大分類・中分類・小分類の3階層での分類が可能になったため、FAQを利用するユーザが目的のFAQを素早く見つけられるようになります

「LMIS on cloud」セルフサービスポータルの詳細は、下記をご参照ください。

以上

会社情報に関するお問い合わせ

製品やIR以外の当社に関するお問い合わせ、本HPに関するお問い合わせなど、総合お問い合わせフォームより受け付けています。

お問い合わせフォーム